(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *冥婚のための死体を密売
本文テキスト  2010年頃から、死者同士の結婚を行うため、若い女性の死体を掘り起し密売するという闇商売が摘発されるようになっている。2010年には湖南省白水県にて難産で死亡した女性の盗掘、2012年には陝西省呉起県にて知人の妻の盗掘など、冥婚のための事件が各地で起きている。父系出自観念が強い漢族社会では、未婚のまま亡くなることは不吉とされ、死者同士を結婚させる冥婚(陰婚、鬼婚とも)という慣習がある。これらはネットやニュースでは強く非難されているものの、夫婦は合葬することで安寧の地を得るという考えが一部で支持され、若い女性の死体の密売はとどまる気配がない。2011年には陝西省延安市にて10件の墓を盗掘した4人組の窃盗団が捕まり、約24万元(約460万円)を得ていたことが明らかとなった。2015年に入っても山東省にてガス中毒で亡くなった28歳の女性が盗掘される事件が起きている(FRIDAY2/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center