(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *子どもの「生きづらさ」に目を ビハーラ集会
本文テキスト  浄土真宗本願寺派の第15回ビハーラ活動全国集会が2月14〜15日に京都の本山本願寺で開かれ、初めて分科会に児童養護活動を考えるセッションが設けられた。児童養護施設で生活する子どもは全国で約2万9千人。このうち2000年の児童虐待防止法施行以降は虐待によって施設に入る児童が3割を占め最多。古川潤哉・ビハーラ佐賀世話人は「ビハーラ活動では、子どもたちへの視点はあまり重視されてこなかった。虐待以外にもリストカットや摂食障害、薬物、性などの問題を抱えた子どもも多く、アプローチが必要」と指摘した。分科会は医療以外に「災害支援」「原発問題」「高齢社会」など多様なテーマがとりあげられた(18日付。関連で20日付に<「西本願寺 医師の会」が発足>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center