(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *仏紙襲撃、人質殺害でコメンテーター50人に聞く
本文テキスト  仏紙の『シャルリ・エブド』襲撃、過激派組織「イスラム国」による日本人人質殺害の報道が相次ぐなか、<宗教の尊厳と表現の自由、そして暴力などの課題が浮かび上がってきた>。中外日報は、宗教界の各分野の有識者から成る「中外日報コメンテーター」50人から一連の事件と宗教との関係について聞いた。それによると<暴力の正当化に宗教が利用されているとの見方が多く、反イスラーム感情が高まることへの懸念が聞かれた>。教えとテロとは別物と認識されており、仏紙襲撃については他者の尊厳を配慮すべきだとの意見が多い。提言としては、宗教リテラシーを高め、互いの文化を尊重し解決を、とされる(11日付。13日付に土屋博・北海道大学名誉教授による評論<「イスラム国と日本」 宗教の理解は喫緊の課題>、18日付に山田健太・専修大学教授による評論<宗教上のタブーと言論・表現の自由 表現者は「自制」「配慮」を>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center