(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *『沈黙』テーマに遠藤周作国際シンポ
本文テキスト  「遠藤周作国際シンポジウム」が2014年12月6日に韓国の仁川大学校で開かれ、日韓英の研究者が参加した。テーマは「『沈黙』をどう読むか」。山根道弘・ノートルダム清心女子大学教授は次のように問題提起を行った。『沈黙』は日本の精神風土とキリスト教という特殊な問題を掘り下げた作品であることは確かだが、同時に現代における神と人間をめぐる普遍の問題を凝視した傑作。今なお多くの問題が投げかけられている(キ7日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center