(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *東西両本願寺教誨師 初の海外研修
本文テキスト  東西両本願寺の教誨師ら55人(西31人、東24人)が1月21〜23日に台湾の2つの刑務所を視察する初の海外研修を行った。目的は「海外の矯正事情や今日の犯罪情勢などの課題の共有」。研修成果について東本願寺教育部の武井弥弘部長は、「全体的に刑務所が明るい雰囲気だったのには戸惑った。加害者である受刑者と被害者の面会が許されることもあると聞き、日本との違いを随所に感じた」と語った。なお台湾では死刑は一時停止していたが、2010年に再開され、銃殺により年4〜6人への死刑が執行されているという(5日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center