(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *過激派「イスラム国」の人質殺害に対して
本文テキスト  世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は、<過激派組織「イスラム国」>の人質殺害事件に関して2月6日に声明を発表した。WCRPはこれまでイスラム諸国で地元の宗教者と協働し人道支援を行い、「イスラームは非暴力と平和の宗教」とのメッセージを発信してきたとし、今回の犯行は「宗教の名を騙り、宗教をいわばハイジャックして宗教を悪用した行動」と批判し、到底是認できないと表明。その上で「イスラム国」が生まれた背景、原因について深い洞察を持つ必要と対話の重要性を強調している(12日付。WCRP関連で5日付に「新事務局長に国富敬二氏が選出」の記事)。超宗派の青年僧侶が集う「ボーズ・ビー・アンビシャス!!(BBA!!)」は2月6日に東京の曹洞宗青松寺で勉強会「『イスラーム国』について考える」を開いた。講師の高尾賢一郎氏(上智大学アジア文化研究所)は現在の「国際情勢の中で生まれた鬼子がイスラーム国」だと語った。さらにイスラムの多様性を解説し、安易に日本の感覚でムスリムを推し量ることに慎重な姿勢を示した(19日付。中外日報13日付に同類記事。仏教タイムス5日付に黒田壽郎・国際大学名誉教授の寄稿)。
Copyright(c) Religious Information Research Center