(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *WCC総幹事が来日
本文テキスト  第4回9条世界宗教者会議の開催にあわせ来日した世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事が、2014年12月9日に東京の日本聖公会管区事務所でキリスト教メディア各社の取材に応じた。以下、その抜粋。(1)日本の印象について、「日本は被爆国でありながら原発事故の被害にもあった極めて稀な国」「(その問題の発信に)日本の教会は、規模が小さいと聞いていますが、とても重要」。(2)キリスト教以外の宗教者との対話について、「(平和について)他の宗教者とも内容を理解し共有することには意味がある」。(3)日本の教会の印象について、「日本のキリスト者は、世界の中でも、平和のためにすでに大きく貢献していると思います。そしてさまざまな人的資源と信仰を持ち合わせている。それは日本の国にとっても大きな恵みだと思います」(キ24日付及び31日付。ク4・11日付合併号。関連としてク4・11日合併号に座談会「戦争しない憲法を世界に広げよう 2015年も挑戦ノーベル平和賞」)。
Copyright(c) Religious Information Research Center