(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *千鳥ヶ淵戦没者墓苑会長 平和への語り継ぎ
本文テキスト  <インタビュー平和への語り継ぎ>において千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会会長の堀内光雄氏(元自民党総務会長)は次のように語っている。「戦争の記憶を次世代に継承していくことこそ、世界の恒久平和につながる」「この墓苑を全戦没者を対象とした国立追悼施設『聖苑』としたい」「今後、靖国神社と千鳥ヶ淵墓苑は協調して、それぞれ時代にふさわしい追悼施設としての在り方を模索していくことになるでしょう」(1日付。27日付は東京・深川の前田義明・永代寺住職<東京大空襲の戦没者供養を継承 戦中、戦後の体験を次世代に伝えたい>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center