(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *「信教の自由」をめぐる新宗連役員の見解
本文テキスト  新宗教新聞は1月のみ2回刊。両号とも「信教の自由」と「平和推進」が記事の中心テーマ。保積秀胤・新宗連理事長は年頭所感で、「個々人の靖国神社参拝を否定するものでは全くない」としたうえで、靖国神社観、国家観が異なるとしても憲法改定においては「信教の自由」を堅持すべきとしている(1日付)。新宗連青年会は1月17〜18日に「第三回青少年育成セミナー」を神戸市内で開いた。講師の1人である本山一博・玉光神社権宮司は「信教の自由とは何か」の講義のなかで「信じない自由」も守るべきであり、さらに「自教団の教えは絶対」との主張と「どのような信仰も守られるべき」との主張は矛盾するとし、宗教間の対話・協力を行うにはこの矛盾が課題であり、それを乗り越えるには<「宗教」とは何かについて考える必要があるとの見解を示した>(27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center