(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *仏教へ 戦後70年8本のオピニオン
本文テキスト  仏教タイムス紙は<戦後70年オピニオン>として8本の意見を掲載。その提言者と見出しを列挙する。小谷みどり・第一生命経済研究所主席研究員<葬儀・終活の最新事情 多死社会 僧侶は遺族に寄り添えるか>。蝉丸P・真言宗僧侶<仏教とポップカルチャー “やっつけ仕事ほどよく伸びる”傾向>。石渡嶺司・大学ジャーナリスト<サバイバル仏教大学 奨学金・補習・社会人が打開策に>。中垣顕實・ニューヨーク仏教連盟会長<日本仏教国際化の課題 「一切衆生」の視点から始まる国際化>。瀬野美佐<寺族と寺の未来予想 寺院の世襲化定着 「家」との誤解が横行>(1日付)。下田正弘・東京大学教授<仏教のミッションin 21世紀 高まる大蔵経研究推進会議への期待>。対本宗訓・僧医<医療現場での宗教とは 「周死期学」提唱、霊性の回復を願いつつ>。ランジャナ・ムコパディヤーヤ<仏教の戦争体験と平和主義 「普遍的責任」を自覚した運動を>(8・15日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center