(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *コルモス 神道の道徳観めぐり論議
本文テキスト  「現代における宗教の役割研究会」(コルモス)は2014年12月26〜27日に京都市内で「倫理・道徳・宗教」をテーマに第61回研究会議を開いた。川村邦光・大阪大学教授は戦前の「修身」の教科書を引用しながら小学校は宗教施設、儀礼の場であり国家神道を「現人神カルト」と特徴づけ、敗戦後は「象徴天皇カルト」であると論じた。一方、菅野覚明・皇学館大学教授は神道の道徳観は忠君愛国であり、現在の道徳教育は「国家への忠誠と皇室への尊崇がない。そんなものは道徳ではない」というのが神道の本音であると語った。なおコルモス次期会長に大谷光真・浄土真宗本願寺派前門が就任することが同26日の理事会で決まった(8・15合併号。新宗教新聞27日付、中外日報7日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center