(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *総選挙 創価学会・公明党、全日仏など
本文テキスト  2014年12月の衆院選では自民党291議席、公明党35議席の与党が圧勝した。公明党は比例で731万票で前回(2012年)より約20万票増。また自民党候補259人が公明党の推薦を受け、選挙区で212人、比例で41人が復活当選した。創価学会・公明党は<自民党にとっても選挙では不可欠な組織といえそうだ>。なお同選挙は創価学会が2014年11月に本尊を変更した後の初めての選挙であり<学会側にとっては一定の“御利益”を頂いたことになろう>。
 全日本仏教会(全日仏)は自民党44人(当選43人)、民主党26人(同16人)など76人を推薦し64人が当選した。全日仏の推薦は減少傾向にあり、今回は<靖国問題が全日仏推薦の“踏み絵”と捉えられ、敬遠された可能性がある>。
 立正佼成会は166人を推薦し、98人が当選した。民主党中心だが政党別は明らかにしていない(1日付。関連として以下2点の論評あり。8・15日合併号<創価学会・公明党の居場所 国家権力に直結した与党に「内棲」>。22日付<本尊より箱根駅伝を優先>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center