(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *両陛下、国内外のハンセン病元患者と懇談
本文テキスト  天皇・皇后両陛下は、1月28日、ハンセン病への差別撤廃を訴える声明「グローバル・アピール2015」の宣言式典に出席する国内外のハンセン病元患者と皇居で懇談した。両陛下がこの日面会したのは、日本、インド、アメリカ、フィリピン、エチオピア、インドネシアの元患者8人。両陛下は一人一人と握手しながら会話をし、予定を超過する40分にわたって交流した。インドのハンセン病回復者協会長のヴァガヴァサリ・ナルサッパさんは「家族からも手を握ってもらえない私に両陛下は親しく握手してくださった。その瞬間、これまでの苦しみや痛みが頭からスッと消えた」と語った。両陛下はこれまで国内全14ヶ所のハンセン病療養所の入居者と懇談している(東京・東京1/29、産経・東京2/1、読売・東京・日曜版2/15ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center