(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2015年1月-3月
号数 66
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *戦後70年、硫黄島で追悼式
本文テキスト  太平洋戦争末期に激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)で、1月23日、都主催による戦没者追悼式が営まれ、遺族約30人が参列した。追悼式は1983年から毎年行われており、今年で32回目(東京・東京1/24)。また、3月21日、同島で日米合同の追悼式が開かれ、厚労省・防衛省など両国の政府高官をはじめ、遺族ら550人が参列した。追悼式を主催する硫黄島協会によると、塩崎恭久厚生労働相ら閣僚の出席は今回が初めて。硫黄島における戦死者は、日本兵約2万2千人、米兵約7千人。遺骨収容は同島が返還された1968年から本格化されたが、今も1万柱以上の遺骨が見つかっていない(朝日・東京3/22、日経・東京3/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center