(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *教皇が欧州議会で演説
本文テキスト  教皇は11月25日、ストラスブールを訪問し、欧州議会で演説を行った。欧州連合(EU)の現状について、「老いて輝きを失っている」と官僚主義的な体質を批判し、経済危機以降、高齢者や貧困者の孤独が深まっていると指摘した。また、北アフリカや中東からの避難民を乗せた船が相次いで遭難していることについて、「地中海が巨大な墓地になるのは容認できない」と強調。移民への配慮を促した(毎日11/26ほか)。国際移住機関(IOM)は9月29日、2000年以降に4万人の移民が目的地に辿り着く前に死亡したとする統計を発表したが、内2万2,400人はアフリカや中東から欧州に渡ろうとしていた(毎日10/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center