(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *教皇呼びかけ、世界の学校をITでつなぐ
本文テキスト  教皇は、ブエノスアイレス大司教時代に地元の学校長らと協力して実施していた、高校生同士がインターネット上で対話する取り組みを全世界に拡大する意欲を示した。グーグル社の協力を得て、「スコラス」と呼ばれるビデオ会話サービスが9月にお披露目された(http://scholas.social/)。カトリック校だけでなく、小学校から高等教育機関まで35万の学校がネットワークに参加している。交流や討論だけでなく、社会奉仕活動の計画を告知し、世界中に支援を募ることなども想定されている(毎日10/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center