(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ノルウェー
記事タイトル *ノーベル平和賞受賞式で教育の権利訴え
本文テキスト  12月10日、オスロ市庁舎でノーベル平和賞授与式が行われ、マララ・ユスフザイさん、カイラシュ・サティヤルティ氏がメダルと証書を受け取った。マララさんは、イスラム武装勢力に銃撃された時に同じスクールバスに乗っていた友人2人のほか、世界各地で女性の地位向上のために活動するイスラム教徒の少女3人を授賞式に招待し、自身を「教育を奪われた6千600万人の少女の代表」とした(東京12/11ほか)。また、前日の記者会見では「家庭につなぎ留められている多くのイスラムの女性にも正しいイスラム教の教育の機会が与えられるべき」と語り、ともに会見したサティヤルティ氏も「すべての宗教のリーダーたちに子どもたちに教育を保障するようにと訴えたい」と述べた(日経12/10ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center