(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *移民家庭でのドイツ語使用をキリスト教民主主義政党が主張
本文テキスト  連立政権の一角を担う地域政党キリスト教社会同盟(CSU)が、12月5日に行った党会議で政策草案として配布した資料に「永住を希望する移民は家庭でもドイツ語を使うべき」と記載していた件で、トルコ系移民が差別的と反発。与野党から、家庭内のことに政治が介入すべきではないとの批判が噴出し、与党第一党のキリスト教民主同盟(CDU)も火消しに追われた。これを受けてCSUは「日々の生活でドイツ語を使うように促す」と草案を書き換えた。CSUの地盤であるドイツ南部は保守層が強く、移民への手厚い社会保障を批判する右派政党が勢力を伸長していることが背景にあるとみられる(東京・夕12/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center