(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
年表記事について
1.2000年5月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートしています。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してください。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.年表記事の詳細な記述やその他の主たる宗教関連の出来事については、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国内)

検索
年月日
出来事
分類


« 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 21 ... 24 » 全1,155件中、 851件目から900件目までを表示 « 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 21 ... 24 »
年月日 出来事 分類 出典 出典年月日 区分
2019/02/03 大本の開祖・出口なおの生誕地である京都府福知山市上紺屋に聖地「厳の郷」が完成し、内覧会が行われた。2018年が開祖の没後100年にあたることから、教団が同年6月より整備を進めていた。 新宗教 京都・京都 2019/02/09  
2019/02/28 ひかりの輪が団体規制法に基づく観察処分の取り消しを求めていた訴訟の控訴審で、東京高裁はひかりの輪の請求を認めた一審判決を取り消し、観察処分は適法との判決を下した。 新宗教 朝日・東京 2019/03/01  
2019/04/03 解脱会長老の岡野聖法氏が死去した。79歳。同氏は1953年から2017年まで解脱会の「法主」を務めたほか、新日本宗教団体連合会理事長や日本宗教連盟理事長を歴任した。 新宗教 新宗教 2019/04/25
2019/04/27 特定非営利活動法人「明るい社会づくり運動」は、都内で「伝統と革新」をテーマに「明るい社会づくり運動 提唱50周年記念大会」を行った。同運動は1969年に庭野日敬・立正佼成会会長(当時)が提唱し、開始されたもの。 新宗教 新宗教 2019/05/27
2019/07/05 公安調査庁はオウム真理教の後継団体「アレフ」「ひかりの輪」の施設に一斉立ち入り検査を行った。このうちアレフの白石施設(札幌市)では、祭壇に飾られた麻原元死刑囚の写真や、説法を収録したDVDが確認された。 新宗教 毎日・東京 2019/07/06
2019/07/02 天理教の子弟教育を行う天理教校学園高校は、志願者の減少を理由に、2020年度をもって新入生の募集を停止し、2022年度で閉校することを発表した。同校は、1974年に設立された天理教教会本部傘下の全寮制高校である。 新宗教 読売・奈良 2019/07/12
2019/11/29 森雅子法相はオウムの活動を制限する団体規制法を維持し延長する方針を示した。今回が4度目の延長。同法はオウム後継団体を対象として1999年に施行され、5年ごとに法律の廃止を含めて見直すことが定められている。 新宗教 朝日・東京 2019/11/30  
2019/11/17 創価学会は会長選出委員会で、原田稔氏の4期目となる会長再任を決定した。会長の任期は4年。 新宗教 読売・東京 2019/11/18  
2019/12/20 公安調査庁は、オウム真理教が起こした事件や活動を伝える動画を作成し、ユーチューブに公開した。動画は約3分で、事件内容のほかに後継団体の現状についても指摘し、注意を呼びかけている。 新宗教 日経・東京 2020/01/28
2020/02/17 庭野平和財団は「第37回庭野平和賞」を韓国の在家仏教教団・浄土会の創立者で禅師の法輪氏に贈ることを発表した。同氏は貧困と飢餓撲滅に向けた国際支援団体JTS(Join Together Society)や、環境保全団体エコブッダなどを創設した。 新宗教 新宗教 2020/02/28
2020/02/27 東京地裁は、団体規制法に基づく国の観察処分の取り消しを求めたひかりの輪の請求を棄却した。判決では、同団体がオウムの教義や麻原彰晃元死刑囚への帰依を放棄したとは認められないとの見解を示した。 新宗教 読売・東京 2020/02/28
2020/05/01 創価学会は、再生エネルギーの利用を促進する「再エネ100宣言REAction」に参加した。同宣言は2019年10月に発足したもので、企業や自治体等の参加団体が2050年までに使用電力をすべて再生エネルギーに転換することを掲げる。 新宗教 中外 2020/05/27
2020/07/29 アレフが団体規制法に基づく国の観察処分を取り消すように求めた訴訟で、最高裁はアレフ側の上告を退ける決定をした。これにより、2審・東京高裁判決が確定し、アレフ側の敗訴が決まった。 新宗教 毎日・東京 2020/07/31
2020/07/31 学校法人「幸福の科学学園」が文部科学省に申請していた「幸福の科学大学」の設置認可について、申請を取り下げた。同学園は、審査の過程で目指す教育の実現が難しくなると考えるに至ったためと説明している。 新宗教 朝日・東京 2020/09/10
2020/11/03 真如苑の三大祭りの一つ、「一如まつり」が東京都立川市の応現院において奉修されるとともに海外布教50年の節目が祝われた。法要中には伊藤真乗開祖が海外で行った初めての布教内容の録音が流される場面があった。 新宗教 仏教 2020/12/03
2020/11/17 オウム真理教事件の賠償が滞っているとして、「オウム真理教犯罪被害者支援機構」がアレフに約10億2千万円の支払いを求めた訴訟で、最高裁はアレフ側の上告を棄却し、全額支払いを求めた東京高裁判決が確定した。 新宗教 読売・東京 2020/11/20
2020/11/18 『中外日報』で10回にわたって掲載された連載特集「地下鉄サリン事件から25年」が終了した。 新宗教 中外 2020/11/18
2021/01/06 公安審査委員会は、オウム真理教の後継3団体(アレフ・ひかりの輪・山田らの集団)について、団体規制法に基づく観察処分の延長を決定した。2000年から3年ごとに更新されてきた観察処分は今回で7回目。 新宗教 産経・東京 2021/01/07
2021/02/26 庭野平和財団は第38回庭野平和賞を台湾の尼僧・昭彗氏に贈呈すると発表した。同氏は仏教精神に基づき、動物愛護に関する立法への取り組みや、仏教徒の同性結婚式の主宰など数々の社会運動を展開してきた。 新宗教 仏教 2021/03/04
2021/03/20 オウム真理教による地下鉄サリン事件から26年となるこの日より、同事件の被害者さかはらあつし氏が監督として製作したドキュメンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』が全国映画館で順次公開された。 新宗教 東京・東京 2021/03/16 夕刊
2021/03/27 金光教教主・金光平輝氏が3月26日付で退任し、同氏の長男で広前部長の金光浩道氏が新教主に就任した。退任は、自身の体調と教団の将来を見据えてのこと。生前の代替わりは教団史上初めて。 新宗教 中外 2021/03/03
2021/04/02 新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化で、藤田観光が売却方針を示していた大阪市の老舗結婚式場「太閤園」の土地と建物を、創価学会が購入していたことが判明した。同施設の跡地には、教団の講堂が建設予定。 新宗教 朝日・東京 2021/04/03
2021/04/04 金光教は岡山県浅口市の教団本部で、天地金乃神大祭にあわせ、3月27日付で就任した金光浩道教主の就任奉告祭を執り行った。 新宗教 中外 2021/04/09
2021/05/03 創価学会は会員組織の婦人部を「女性部」に名称を変更し、11月18日から女子部と一体化することを決定した。組織内の女性の地位向上が目的で、女性会員は今後、年齢を問わずに女性部の所属となる。 新宗教 仏教 2021/05/27
2021/05/17 立正佼成会は東京都杉並区の教団施設「法輪閣」の会議室を、新型コロナウイルスワクチンの接種会場として11月まで同区に貸し出すこととした。「法輪閣」では、これまで1日に約240〜300人のワクチン接種が行われている。 新宗教 仏教 2021/05/27
2021/05/19 ひかりの輪が、2018年1月に6回目の更新が決定された団体規制法に基づく観察処分を取り消すように国に求めていた裁判で、東京高裁は請求を棄却した1審の東京地裁の判決を支持し、控訴を棄却した。 新宗教 読売・東京 2021/05/20
2021/09/08 東京高裁はアレフの分派団体「山田らの集団」に対する国の観察処分は適法として、東京地裁の一審判決を維持し、原告である同団体の代表者とされる女性の訴えを退けた。同団体は2018年から観察処分の対象となっていた。 新宗教 北国・金沢 2021/09/09
2021/10/25 公安調査庁は、アレフが団体規制法で義務付けられた実態報告を怠ったとして、同法に基づく再発防止処分を公安審査委員会に初めて請求した。その後、同庁はアレフ側が報告書を提出したとして、請求を取り下げた。 新宗教 毎日・東京 2021/10/26
2021/11/17 創価学会は最高議決機関である総務会を開き、同会の存在意義や活動理念、行動規範を明示した「創価学会社会憲章」を制定した。創立記念日の翌18日には、従来の「女子部」と「婦人部」を統合した「女性部」が発足。 新宗教 東京・東京 2021/11/18
2022/02/03 松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の長男が、自身の誕生日を祝う宗教的行事を強行されたとしてアレフとその幹部らに損害賠償などを求めた訴訟で最高裁はアレフ側の上告を棄却すると決定した。 新宗教 産経・東京 2022/02/05
2022/02/21 庭野平和財団は、第39回庭野平和賞を南アフリカ共和国在住でアパルトヘイト撤廃運動などに尽力した聖公会の司祭マイケル・ラプスレー氏に授与すると発表した。 新宗教 中外 2022/02/25
2022/03/17 集英社はウェブメディア「よみタイ」で連載していた漫画『「神様」のいる家で育ちました〜宗教2世な私たち〜』の打ち切りを発表した。同作は「宗教2世」への取材をもとに当事者の体験を一人称視点で描いた作品。 新宗教 共同通信 2022/03/22
2001/02/09 統一教会に対し損害賠償を求めた「青春を返せ」訴訟で最高裁が上告を棄却し、教会側の敗訴が確定。 新宗教・その他 朝日・東京 2001/02/10
2001/01/25 日本弁護士連合会が、全国19自治体にオウム信者の転入届を受理するよう人権救済の勧告。 新宗教・その他 日経・東京 2001/01/26
2000/12/07 厚生省がカルト集団への青少年の入信予防と脱会後のケアのあり方を研究する研究班の設置を決定。 新宗教・その他 産経・東京 2000/12/08
2000/09/14 統一教会をめぐるいわゆる「青春を返せ裁判」で広島高裁岡山支部は、1審判決を覆し、元信者勝訴の判決を下した。 新宗教・その他 中外 2000/09/19
2000/07/25 オウム真理教端本悟被告に、東京地裁にて死刑判決。 新宗教・その他 朝日・東京 2000/07/25 夕刊
2000/07/17 元オウム真理教幹部豊田亨、広瀬健一両被告に、東京地裁にて死刑判決。杉本繁郎被告は無期懲役。 新宗教・その他 北海道・札幌 2000/07/18
2000/06/06 オウム真理教の井上嘉浩に、東京地裁にて無期判決。 新宗教・その他 中日・名古屋 2000/06/06 夕刊
2000/06/29 オウム真理教元幹部・林泰男被告に、東京地裁にて死刑判決。 新宗教・その他 スポニチ・東京 2000/06/30
2005/01/02 足立区在住のアーレフ男性幹部が、熱い湯につかる「温熱修行」中に浴室で死亡、教団は今後同修行を禁止する方針を決定。 新宗教・その他 東京・東京 2005/01/03
2006/08/20 真如苑の開祖・故伊藤真乗教主の生誕100年を記念した「伊藤真乗の目と手」展が、東京美術倶楽部で開かれた。会期は、同月30日まで。 新宗教・その他 新宗教 2006/08/24
2000/--/-- 2000年度「東京いのちの電話」自殺相談が過去最高、3、40代男性からの相談が倍前後に急増。 現代の精神状況 産経・東京 2002/07/11
2001/09/27 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」、観客動員数日本記録を達成する。 現代の精神状況 読売・東京 2001/09/28
2005/01/26 2004年12月18日に逝去した高松宮喜久子妃の本葬にあたる「斂葬の儀」が宮内庁豊島岡墓地で行われた。 皇室 朝日・東京 2004/12/27
2005/12/02 「皇室典範に関する有識者会議」の報告書が女性・女系天皇を容認したことに対し、神社本庁はこれを批判、男系継承に最大限努力すべきとの見解を発表。  皇室 読売・東京 2005/12/03
2005/03/19 紀宮内親王と黒田慶樹氏の納采の儀が行われ、正式に婚約が成立した。 皇室 朝日・東京 2005/03/19 夕刊
2005/07/26 「皇室典範に関する有識者会議」は「論点整理」を発表し、皇位継承の資格者について男系男子に限る案と女性・女系天皇を容認する案とを併記した。 皇室 読売・東京 2005/07/27
2005/10/25 「皇室典範に関する有識者会議」は、女性天皇及び母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めることを全会一致で決定した。 皇室 日経・東京 2005/10/26
2005/11/15 紀宮内親王と黒田慶樹氏の結婚式が、帝国ホテルで行われた。 皇室 読売・東京 2005/11/15 夕刊
« 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 21 ... 24 » 全1,155件中、 851件目から900件目までを表示 « 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 21 ... 24 »
Copyright(c) Religious Information Research Center