(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
年表記事について
【御注意】
1.2000年5月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートしています。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してください。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.年表記事の詳細な記述やその他の主たる宗教関連の出来事については、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国内)

検索
年月日
出来事
分類


« 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 23 » 全1,105件中、 901件目から950件目までを表示 « 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 23 »
年月日 出来事 分類 出典 出典年月日 区分
2019/08/21 真宗大谷派は、第25代門首の大谷暢顯師が2020年6月30日付で退任し、翌7月1日付で大谷暢裕師が第26代門首に就任すると発表した。 仏教 京都・京都 2019/08/22
2019/08/07 浄土宗大本山・知恩寺が「百萬遍知恩寺」に改称することが、京都府から認証された。地元では「百萬遍の本山」などの通称で親しまれており、改称によって、同宗総本山の知恩院と間違われるのを防ぐ狙いもある。 仏教 京都・京都 2019/09/10
2020/04/09 浄土宗は、新型コロナウイルス感染症で亡くなった人の葬儀などの執行に関するガイドラインを発表し、全国の寺院と僧侶に対して、通常の葬儀と同様の手順で儀式を営むよう要請した。 仏教 京都・京都 2020/05/05
2020/04/20 新型コロナウイルス感染拡大を受け、八坂神社などは祇園祭の神輿渡御と山鉾巡行を中止すると発表した。代わりに御旅所にまつった榊に祭神を移す儀式を行う。榊による神幸は今回が初めて。 神道 京都・京都 2020/04/21
2020/07/01 真宗大谷派の大谷暢顕氏が6月30日に第25代門首を退任し、いとこでブラジル国籍の大谷暢裕氏がこの日付で第26代門首に就任した。 仏教 京都・京都 2020/07/02
2020/09/04 天台宗総本山延暦寺と北野天満宮が合同で営む北野御霊会が、応仁の乱で途絶えて以来、約550年ぶりに執り行われた。祭典では神職と僧侶が列をなして境内を進み、宮司が祝詞を、天台座主が祭文を読み上げた。 その他の宗教関連事象 京都・京都 2020/09/04 夕刊
2001/07/23 大本、遠山文部科学相あてに、特定胚の研究撤回を求める要望書提出。 新宗教 京都 2001/07/23 夕刊
2000/06/06 オウム真理教の井上嘉浩に、東京地裁にて無期判決。 新宗教・その他 中日・名古屋 2000/06/06 夕刊
2012/04/13 名古屋地裁は、水子や霊が取り付いているなどと脅し宗教儀式に法外な費用を請求したとして、肥後修験遍照院(通称・六水院)と同院管長らに約610万円の支払いを命じた。 新宗教 中日・名古屋 2012/04/14
2017/05/24 前日の5月23日、「共謀罪」法案が参議院本会議において強行採決されたことに対し、「日本カトリック正義と平和協議会」が反対声明を発表した。 政治と宗教 中日・名古屋 2017/06/07
2017/11/22 真宗大谷派が2023年までに、1934年に定められた30教区を17教区に再編する方針であることが報じられた。 同宗派の総寺院数の減少や宗派全体の収入の落ち込みに鑑み、教区再編によって人件費削減を図る方針。 仏教 中日・名古屋 2017/11/22 夕刊
2020/04/17 新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国のモスクやムスリム団体などの50人がインターネット会議を開き、24日から始まるラマダン期間中にモスクでの集団礼拝や断食明けの食事会を控えるよう国内の信徒に求めることで合意した。 その他の宗教関連事象 中日・名古屋 2020/04/24 夕刊
2010/12/20 神宮司庁は、2010年の伊勢神宮内宮と外宮の合計参拝者数が12月19日までに860万3,748人を数え、1895年の統計開始以来、年間最多記録を更新したと発表した。 神道 中日・三重・北勢 2010/12/21
2005/09/10 日本宗教学会の新会長に星野英紀大正大学学長が選出される。 その他の宗教関連事象 中外 2005/09/13
2001/06/26 創価学会池田大作名誉会長に妻が暴行されたとして、夫の元幹部が損害賠償を求めた「信平事件裁判」で、最高裁が、1、2審判決の通り原告の上告を棄却、学会側の勝訴確定。 新宗教 中外 2001/06/30
2000/09/14 統一教会をめぐるいわゆる「青春を返せ裁判」で広島高裁岡山支部は、1審判決を覆し、元信者勝訴の判決を下した。 新宗教・その他 中外 2000/09/19
2005/10/26 曹洞宗の多々良高等学校が、経営破綻により民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請し受理された。 仏教 中外 2005/11/01
2005/07/26 宗教法人法第88条(罰則規定)が、新「会社法」制定に伴う関連法規整備の一つとして改定され、公布された。これにより、これまで1万円以下だった過料が10万円以下に引き上げられた。 政治と宗教 中外 2005/08/13
2003/11/01 ダライ・ラマ14世が「チベット問題を考える議員連盟」の招きで来日し、東京の両国国技館で法話。ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊氏らの科学者と対話。 仏教 中外 2003/11/06
2005/03/24 名古屋地裁は、ペット供養は「課税すべき収益事業に当たる」として天台宗慈妙院の課税処分取り消しを求めた訴えを棄却した。 仏教 中外 2005/04/02
2005/04/08 ダライ・ラマ14世が、「チベット問題を考える議員連盟」などの招きで来日した。 中外 2005/04/09
2004/01/-- 2003年夏に歴代宗主の娘として史上初めて得度した浄土真宗本願寺派の大谷光真門主の長女真利子さんが、御正忌報恩講に出勤。宗内では〈女性の「門主相承」〉をめぐる議論が浮上。 仏教 中外 2004/02/05
2005/01/01 NPO法人神道国際学会の新会長に薗田稔・秩父神社宮司が選出された。深見東州ワールドメイトリーダーは副会長・理事を退任。 神道 中外 2005/01/29
2004/09/26 仏教大学アジア宗教文化研究所の開所式が行われた。 仏教 中外 2004/09/30
2004/06/08 真宗大谷派は宗議会本会議において「教育基本法『改正』に反対する決議案」を採択。 仏教 中外 2004/06/10
2004/07/26 鳥取県による宗教法人の備付け書類開示問題について、県内の宗教者らがシンポジウム「信教の自由と政教分離−改正宗教法人法と情報公開制度をめぐって」を開催。 政治と宗教 中外 2004/07/31
2006/11/09 創価学会は会長選出委員会を開き、辞意を表明した秋谷栄之助会長の後任に原田稔副会長を新会長に選出した。 新宗教 中外 2006/11/14
2006/06/03 「宗教と社会」学会の第14回学術大会が、同志社大学で開かれ、テーマセッションの一つとして、同志社のCOEプログラム「一神教の学際的研究」との共催で一神教と原理主義に関するテーマが設けられた。会期は、同月4日まで。 その他の宗教関連事象 中外 2006/06/10
2006/09/17 矢野秀武・駒沢大学講師が『現代タイにおける仏教運動――タンマガーイ式瞑想とタイ社会の変容』(東信堂、2006年)により、日本宗教学会賞受賞。なお、矢野講師は同書により12月に第二回国際宗教研究所賞も受賞。 その他の宗教関連事象 中外 2006/09/26
2006/03/25 真如苑は立教70年、開祖・伊藤真乗教主生誕100周年の記念行事の一環として、東京都立川市に総合道場「恒明湧祥之舎応現院」を建設、3月25日から5月にかけて落慶法要を営んだ。 新宗教 中外 2006/03/21
2007/07/30 『大正新脩大蔵経』のテキストデータベース化の完成をうけ、東京で完成記念大会が開催された。同事業は「大蔵経テキストデータベース研究会」(下田正弘代表)によって1994年から進められ、仏教学界や仏教界の寄付金などが投じられた。 仏教 中外 2007/08/02
2007/02/01 天台宗総本山延暦寺の渡辺恵進座主が退任し、後任は半田孝淳氏。半田氏は仏教の平和思想を説き、核廃絶を訴えてきた。 仏教 中外 2007/01/13
2007/09/13 東京地裁は、石川県の気多神社の神社本庁離脱手続を適法とする判決を下した。 神道 中外 2007/09/22
2007/09/15 立正大学で開催された日本宗教学会第66回学術大会のパネルで、「宗教文化士(仮称)」制度の創設についての検討がなされた。 その他の宗教関連事象 中外 2007/09/22
2008/01/09 国際派の禅僧・学僧として知られた臨済宗天龍寺派の平田精耕管長が死去。83歳。 仏教 中外 2008/01/12
2008/01/05 曹洞宗大本山永平寺の宮崎奕保貫主が死去。106歳。 仏教 中外 2008/01/08
2007/12/15 天台宗や真言宗などの伝統仏教8宗派の僧侶有志により、仏教の魅力をアピールする「虹を翔るお坊さん 2007東京ボーズコレクション」が、浄土真宗本願寺派の築地本願寺(東京都中央区)で開催され、約1万人の観客が集まった。 仏教 中外 2007/12/18
2007/10/12 神奈川県鎌倉市の臨済宗円覚寺派大本山円覚寺で「元寇戦没者合同慰霊祭」がモンゴル人僧侶と共に執り行われた。モンゴル人僧侶と共に慰霊祭が行われるのは初めて。 仏教 中外 2007/10/18
2008/01/21 東京の浄土宗祐天寺に保管されている朝鮮半島出身の軍人軍属の遺骨1135体のうち101体について、韓国の遺族が判明し、返還されることになった。これを受け、日韓仏教交流協議会と韓日仏教文化交流協議会は同寺において追悼回向を行った。 その他の宗教関連事象 中外 2008/01/24
2008/02/21 『第4回日韓学生宗教意識調査報告』(井上順孝責任編集)が刊行される。このうち、日本での調査は9回目にあたり、35大学4306人の有効回答。 その他の宗教関連事象 中外 2008/03/06
2008/05/24 「宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」が設立され、東京の曹洞宗青松寺で幹事会が開かれた。 仏教 中外 2008/06/03
2008/07/17 東京の浄土宗回向院による動物供養施設への課税取り消しを求めた訴訟で、最高裁は都の上告を棄却し高裁判決の課税処分取り消しが確定した。 習俗・慰霊 中外 2008/07/24
2008/06/14 日本山妙法寺の僧侶らが東京から広島まで歩く「平和祈念行脚」が50周年を迎えた。この日、東京の夢の島公園の「第五福竜丸展示館」前を出発した。 仏教 中外 2008/07/12
2008/09/10 東京高裁は、石川県羽咋市の気多神社の神社本庁離脱問題で、一審判決を破棄。文部科学省が離脱手続きに必要な規則変更の認証を行わなかったことは正当とした。 神道 中外 2008/09/23
2008/10/28 生長の家総裁の谷口清超氏が老衰のため死去。89歳。 新宗教 中外 2008/10/30
2008/11/17 曹洞宗の宗門校である駒澤大学が、世界金融危機の影響から投機性の高い金融派生商品による資産運用に失敗し、総額154億円の損失を抱えていることが明らかになり、大型調査委員会の設置が決定された。 仏教 中外 2008/11/22
2009/02/13 高野山大学は、2006年に開設されたスピリチュアルケア学科について、2009年度で学生の募集を停止し、学科を廃止することとした。 仏教 中外 2009/02/19
2009/02/21 国際宗教研究所は、公開シンポジウム「宗教の社会貢献はどうあるべきか」を開催した。報告者は、仏教、神道、キリスト教、新宗教の、現場で活動する宗教者。 その他の宗教関連事象 中外 2009/02/24
2009/03/21 創価学会の池田大作名誉会長が、デンマークの南大学から「名誉博士」称号を授与された。これで池田氏が海外の大学・学術機関から授与された名誉学術称号は計250となった。 新宗教 中外 2009/03/31
2009/07/29 「南無の会」などで活躍し、遊行と説法に一身に捧げた松原泰道氏(臨済宗妙心寺派龍源寺閑栖)が、肺炎のため死去。101歳だった。 仏教 中外 2009/07/30
« 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 23 » 全1,105件中、 901件目から950件目までを表示 « 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 23 »
Copyright(c) Religious Information Research Center