(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
年表記事について
【御注意】
1.2000年1月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートします(2000年1月〜5月の分は遡及作成中)。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してくだ さい。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.選択した出来事のより細かな記述、及びその他の主たる宗教関連のできごとについては、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国外)


年月日 出来事 国名 出典 出典年月日 区分
2012/06/26 エリザベス女王は北アイルランドを訪問し、同自治政府副首相で、かつては英連邦からの分離独立を目指してテロ活動を行っていたIRAの幹部であったマクギネス氏と和解の握手を交わした。 イギリス 読売 2012/06/28  
2012/11/20 英国国教会の総会において、女性が教会トップである主教に就任することを可能にする議案について投票が行われたが、僅差で否決された。 イギリス 産経 2012/11/27
2013/02/25 ローマ教皇庁は、英国カトリック教会トップのオブライエン枢機卿がセントアンドルーズ・エディンバラ大司教の職を辞することを認めた。枢機卿は、1980年代に4人の男子神学生に性的虐待を行ったことを認めている。 イギリス 東京 2013/02/27
2013/04/17 サッチャー元首相の葬儀が国葬に準じて執り行なわれ、エリザベス女王をはじめ170ヶ国から2,300人の要人が参列した。エリザベス女王が政治家の葬儀に参列するのは異例。 イギリス 朝日 2013/04/18  
2013/05/22 ロンドンの路上で、英軍兵士がナイジェリア系イギリス人の男2人に刺殺された。容疑者はキリスト教からイスラム教に改宗し、原理主義に傾倒していたとみられる。 イギリス 読売 2013/05/24  
2014/07/14 英国国教会の総会にて、女性の主教就任を認める議案が可決された。英国国教会は1992年に女性が司祭に就任することを認めたが、主教への就任は2012年11月の総会で一度否決していた。 イギリス 朝日 2014/07/15 夕刊
2014/09/23 欧州連合は、欧州出身の「イスラム国」戦闘員が3千人となり、2ヶ月で1千人増加したと発表した。英国を中心に、シリア渡航者に関する情報の共有や再入国審査の厳格化などが検討されている。 イギリス 赤旗 2014/09/25  
2014/11/26 英政府は、「イスラム国」などの過激派組織に加わる目的で海外渡航しようとした英国民に対し、空港で警官が旅券を没収できるなどとした包括的なテロ防止法案を下院に提出した。航空会社やIT企業には、警察の要請に応じた個人情報の提供が義務付けられる。 イギリス 東京 2014/11/28  
2015/02/28 移民排斥を訴え急成長したドイツの団体「ペギーダ」に同調する団体が、英国、スペイン、ベルギー、スイスなどで発足している。「英国ペギーダ」の初集会には400人が参加。これを批判する市民2千人も結集し、100mを隔てた距離でにらみ合った。 イギリス 東京 2015/03/01  
2015/07/22 バーミンガム大学は、大学図書館の保管庫から発見されたコーランの断片が、現存する最古のものである可能性があると発表した。炭素の放射性同位体による年代測定では568〜645年に書かれたものとの結果が出た。コーランが一冊の本に編纂されたのは650年頃と言われてきた。 イギリス 朝日 2015/07/23 夕刊
2016/05/05 ロンドン市長選の結果、労働党議員でイスラム教徒のサディク・カーン氏が初当選を果たした。イスラム教徒の市長は欧米の主要首都で初めて。同氏はパキスタン系移民を父に持ち、カーン氏とイスラム過激派を結びつける主張を行っていた保守党のゴールドスミス氏を破っての当選となった。 イギリス 日経 2016/05/07 夕刊
2016/09/06 ロンドン中央刑事裁判所は、イスラム教過激派の説教師として有名なチャウダリー被告が反テロ法違反で禁錮5年6月の実刑判決を受けたと発表した。同被告は20年間にわたりインターネットなどを通じて過激な説教を行ってきたが、感化されてテロを起こした者も少なくない。 イギリス 読売 2016/09/08  
2005/11/03 パレスチナ自治区でイスラエル軍に銃撃され死亡したパレスチナ人少年の臓器が、6人のイスラエル人に移植された。 イスラエル 毎日 2005/11/10
2004/10/26 イスラエル国会は、ガザ地区からの撤退計画について採決を行い、賛成67、反対45、棄権7の賛成多数で承認した。 イスラエル 毎日 2004/10/27 夕刊
2004/04/17 ヤシン師とともにイスラム原理主義組織ハマスの創設にかかわり、ヤシン師の後継に就任していたアブドルアジズ・ランティシ師が、イスラエル軍によるミサイル攻撃で死亡。 イスラエル 朝日 2004/04/00
2004/03/22 イスラム原理主義組織ハマスの創設者であり、精神的指導者であったアフマド・ヤシン師が、イスラエル軍のミサイル攻撃によって殺害された。 イスラエル 毎日 2004/03/22
2003/01/28 イスラエル総選挙が行われ、シャロン首相率いるタカ派の右派リクード党が圧勝。一方、ハト派の中道左派労働党は歴史的な大敗。 イスラエル 毎日 2003/01/29
2002/04/02 イスラエル軍の掃討作戦から逃れたパレスチナ武装組織の活動家が、パレスチナ自治区ベツレヘムにあるキリスト教の聖地「生誕教会」の敷地内に逃げ込み、5月10日まで篭城を続ける。 イスラエル 朝日 2002/04/04
2002/01/27 西エルサレム中心部で、28歳の女性ワファ・イドリスによる女性初の自爆テロ攻撃が発生。 イスラエル 毎日 2002/01/31
2001/10/17 強硬な反アラブ主義者として知られるイスラエルのゼービ観光相が、ムスタファ議長暗殺の「報復」としてPFLPに銃撃され、死亡する。 イスラエル 朝日 2001/10/18
2001/08/27 パレスチナ解放人民戦線(PFLP)のムスタファ議長が、2000年秋からパレスチナ活動家の暗殺を続けるイスラエルによって殺害される。 イスラエル 日経 2001/08/29
2001/07/29 イスラエルのユダヤ教超強硬派グループが、エルサレム旧市街、神殿の丘で宗教儀式を行ったことが引き金になり、衝突が発生。 イスラエル 朝日 2001/07/30
2001/06/18 イスラエルのシャロン首相が、1982年のパレスチナ難民大虐殺への関与をめぐって、ベルギー人道法違反の容疑で告訴される。 イスラエル 毎日 2001/06/20
2001/04/02 ベツレヘム近郊のユダヤ教聖地「ラケルの墓」付近でイスラエル軍とパレスチナ軍が銃撃戦。イスラエル軍による市外への砲撃では、パレスチナ騒乱開始後最大規模の被害となる。 イスラエル 読売 2001/04/03 夕刊
2001/03/07 イスラエル・シャロン政権発足。右派リクードを中心とする大連立政権。 イスラエル 読売 2001/03/08 夕刊
2000/09/28 パレスチナ騒乱勃発。エルサレム旧市街の聖地「神殿の丘」での衝突が契機。 イスラエル 読売 2000/09/29
2000/09/03 イスラエル政府が、「世俗主義革命」の一環として、宗教省廃止、身分証の宗教・民族欄の廃止の方針へ。 イスラエル 朝日 2000/09/19
2005/11/06 イスラエル考古学庁は、北部メギドで3から4世紀のものとみられるキリスト教会跡が発見されたと発表した。これまで発見された教会のなかでは最古のもの。 イスラエル キリスト 2005/11/19
2008/03/13 天理大学などでつくるテル・レヘシュ遺跡の発掘調査団は、旧約聖書に記された都市「アナハラト」とされる同遺跡で、古代イスラエル人と先住民の接点を示す遺物を確認したと発表した。 イスラエル 読売 2008/04/11
2008/11/23 テルアビブ地方裁判所は、ナチス・ドイツの指導者ヒトラーを崇拝しホームレスや超正統派ユダヤ教徒らを襲撃した旧ソ連からのユダヤ系移民の少年らに、禁固刑を言い渡した。 イスラエル 産経 2008/11/25
2011/10/31 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、これまでオブザーバーだったパレスチナの正式加盟を可決した。同自治政府は、ベツレヘムの「キリスト生誕教会」などのヨルダン川西岸の遺跡を世界遺産に推薦する方針。 イスラエル 読売 2011/11/01  
2012/06/29 ユネスコはパレスチナが申請した、キリスト生誕の地とされるベツレヘムの「生誕教会」を「危機遺産」として登録することを承認した。 イスラエル 読売 2012/06/30  
2012/11/29 国連総会にてパレスチナ自治区が「国連非加盟国のオブザーバー国家」として承認された。同資格を有するのはパレスチナとバチカンのみ。 イスラエル 東京 2012/12/01
2013/06/00 兵役が免除されてきた超正統派のユダヤ教徒に対し、兵役を課すべきとする議論が浮上している。2012年には最高裁が兵役免除を違憲と判断しており、政府は2013年8月までに新法を制定する見込み。 イスラエル 読売 2013/06/14  
2013/07/03 ファーストフードチェーン「 マクドナルド」 のイスラエル法人がヨルダン川西岸の入植地への出店を拒否してい ることが分かった。 反発したユダヤ人入植者や入植推進派の右派政治家らは商品の不買 運動を呼びかけている。 イスラエル SANKEI EXPRESS 2013/07/04  
2014/01/11 約8年間意識不明の状態が続いていたアリエル・シャロン元首相(85)が入院先の病院で死去。対パレスチナ強硬派として知られたが、2006年1月に脳出血で倒れる直前にはパレスチナとの2国家共存路線を打ち出していた。 イスラエル 毎日 2014/01/14  
2014/07/17 3人のイスラエル青年が殺害されたことをきっかけにイスラエルとパレスチナの関係が急速に悪化。7月よりイスラエル軍が空爆を実施、ガザ地区へも地上軍数千人を侵攻させ、ハマス側の武器搬入ルートとなっている地下トンネルを破壊した。 イスラエル 読売 2014/07/18 夕刊
2015/05/14 ネタニヤフ首相率いる右派「リクード」他4政党による、右派連立政権が発足した。連立に加わったのは、極右政党「ユダヤの家」、中道右派政党「クラヌ」ほか宗教右派2政党で、かろうじて過半数となる61議席(定数120)を確保した。 イスラエル 毎日 2015/05/16  
2015/07/20 米国とイスラエルの専門家が、イスラエルで発見された黒焦げ状態の巻物の解読に成功したと発表した。巻物は6世紀に書かれた古代ヘブライ語の旧約聖書の一部で、書かれた聖書としては死海文書以来の発見になるという。 イスラエル 赤旗 2015/07/24  
2015/10/00 10月1日以降、パレスチナ人による小規模のユダヤ人襲撃事件が相次ぎ、これに対抗するイスラエル軍や市民による「容疑者」射殺がエスカレートした。2015年12月末までにイスラエル側20人、パレスチナ側120人以上が死亡し、7千人以上が負傷した。 イスラエル 毎日 2015/12/25  
2015/10/20 ネタニヤフ首相は、ユダヤ人団体の会合で、第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるホロコーストが、パレスチナ人のムフティ(イスラム教の宗教指導者)の進言によるものだと発言した。発言に対しては、ドイツ政府が「歴史認識を変えるつもりはない」と表明したほか、イスラエル国内の歴史学者らが根拠がないと反論した。 イスラエル 赤旗 2015/10/23 夕刊
2016/01/31 エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」に、男女が一緒に礼拝できる空間を設置すると政府が決定した。これに反発した正統派の閣僚らは表決で反対票を投じたが、非正統派は今回の決定を歴史的な動きとして歓迎している。 イスラエル 東京 2016/02/01 夕刊
2016/05/25 ネタニヤフ首相と極右政党「わが家イスラエル」のリーベルマン党首は、同党が連立政権に参加することで合意し、30日に同党首の国防相就任が決定した。リーベルマン党首はヨルダン川西岸の入植地に自ら居住し、ガザ地区の再占領を主張するなど対パレスチナ強硬派として知られる。 イスラエル 朝日 2016/05/31 夕刊
2016/06/07 北西部ネタニヤで、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害からユダヤ人を救うためビザを発給し、「日本のシンドラー」として知られる外交官、杉原千畝の没後30年を記念した「スギハラ通り」の命名式が開かれた。同地には杉原氏のビザによって生き延びたユダヤ人とその子孫が多く住む。 イスラエル 日経 2016/06/08  
2016/06/06 エルサレムの聖墳墓教会で、イエスの遺体が安置されたという墓の周囲の空間「エディクラ」の修復工事が200年ぶりに着手された。教会の所有権や管轄権をめぐってカトリック教会、アルメニア使徒教会、ギリシャ正教会の3教派間に対立があり、修復開始までに時間を要した。 イスラエル クリスチャン 2016/07/03  
2016/10/14 政府はユネスコとの協力の一時停止を発表した。エルサレム旧市街のユダヤ教とイスラム教双方の聖地に関して、イスラエルがイスラム教徒の礼拝を妨げているとする決議の採択に対する抗議とみられる。イスラエル側は、決議の中で聖地がイスラム名でのみ記載され、ユダヤ名への言及がないことも指摘した。 イスラエル 東京 2016/10/15 夕刊
2002/06/16 『奇跡の神父』として人気が高い、故ピオ神父(1887〜1968)が列聖される。 イタリア 朝日 2002/06/17
2002/01/24 ローマ教皇ら世界12宗教の代表者による平和サミットがイタリア・アッシジで開かれる。 イタリア 日経 2002/01/25
2009/11/01 曹洞宗ヨーロッパ総監部の新総監にイタリア人のフォルザーニ慈相氏が就任した。外国人が宗門行政の主要役職に就くのは初めて。 イタリア 仏教 2009/11/12
2011/11/16 大手衣料メーカーのベネトンが行ったキャンペーンでローマ教皇ベネディクト16世とイスラム教スンニ派の最高権威アズハルのダイイブ総長のコラージュによる「キス写真」が掲載されたため、バチカンが反発した。 イタリア 朝日 2011/11/17 夕刊
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 19 » 全913件中、 151件目から200件目までを表示 « 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 19 »
Copyright(c) Religious Information Research Center