(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
年表記事について
1.2000年5月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートしています。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してください。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.年表記事の詳細な記述やその他の主たる宗教関連の出来事については、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国外)

検索
年月日
出来事
国名


« 1 ... 26 27 28 (29) 30 » 全1,495件中、 1,401件目から1,450件目までを表示 « 1 ... 26 27 28 (29) 30 »
年月日 出来事 国名 出典 出典年月日 区分
2021/07/03 国軍のミン・アウン・フライン総司令官の退任年齢である65歳の誕生日に合わせて、葬儀を模した抗議活動が各都市で実施された。マンダレー市内では若者らが軍事政権への抗議として、総司令官の顔写真が貼られた棺を燃やした。また、ヤンゴン市内では活動家らが仏教徒の葬儀で無料配布される「葬式うちわ」を配布し、抗議した。 ミャンマー 東京 2021/07/04
2021/07/06 モディ首相は、86歳の誕生日を迎えたダライ・ラマ14世に対して公式に祝意を示した。首相はこれまで対中関係を考慮し、チベット亡命政府とは距離を保ってきた。しかし、2020年以降カシミール地方の係争地をめぐって両国は対立。今回のダライ・ラマ・14世への祝意公表は、中国を牽制する狙いがある。 インド 産経 2021/07/08
2021/08/17 タリバンは政権掌握後初の記者会見を行い、教育など女性の権利について「シャリア(イスラム法)の範囲で保証する」など、融和な姿勢をアピールした。その一方で、翌9月7日の暫定政権の閣僚発表では女性問題相の任命がなく、女性閣僚の起用もなかった。9月12日には、タリバンの高等教育相が男女共学の禁止や女性のヒジャブ着用の義務化を発表するなど、女性の権利に対する制限強化が進んでいる。 アフガニスタン 産経 2021/09/14
2021/08/26 タリバンによる政権掌握後、首都カブールの国際空港付近で自爆テロがあり、米兵13名を含む100名以上が死亡した。この自爆テロについて、2015年頃から活動を開始しタリバンと対立しているIS系支部組織「イスラム国ホラサン州(IS-K)」が犯行声明を出した。「ホラサン」とは、中央アジアからアフガニスタン、パキスタン、イランにまたがる地域を指す歴史的呼称。「シャリア(イスラム法)」による統治を目指す点でタリバンと共通するが、タリバンがアフガニスタン国家の支配を目的とするのに対し、IS-Kは「ホラサン」という超国家的な領域の支配を目指している。 アフガニスタン 日経 2021/08/28
2021/07/25 サイード大統領は、政府の新型コロナ対応を批判するデモの拡大を受け、メシシ首相ら主要閣僚を解任し、議会を30日間停止すると発表した。この決定に対し第一党であるイスラム政党「アンナハダ」党首のガンヌーシ国会議長は、「(2011年の)革命と憲法に対するクーデターだ」と大統領を非難した。その後も大統領支持派と反対派の対立が続いており、「アラブの春」の成功例とされる同国の民主政治に危機が拡大している。 チュニジア 日経 2021/07/27
2021/07/15 2020年10月に首相に指名されていたハリリ元首相が、自身による組閣を断念し、首相指名を辞退することを発表した。ハリリ氏は前日に組閣案をアウン大統領に提示していたが、「組閣案は宗派主義にのっとっていない」として拒否されていた。レバノンの政治は、大統領はキリスト教マロン派、国会議長はイスラム教シーア派、首相はイスラム教スンニ派から選出する「宗派主義」に基づく。2020年8月に首都ベイルートの港で起きた大規模爆発を受け当時のディアブ内閣が引責辞任して以降、閣僚ポストをめぐった各宗派間の争いが続き、政治的な空白期間は1年に及んでいる。 レバノン 朝日 2021/07/18
2021/09/05 セルビア正教会本部がある旧首都ツェティニエで、セルビア正教会のジョアニキジェ新府主教就任に抗議するデモ隊と警官隊が衝突し、負傷者約50名と逮捕者14名を出した。モンテネグロでは、セルビア正教会が隣国セルビアの国益のために働いているという批判があり、新府主教就任をめぐり緊張が高まっている。 モンテネグロ キリスト 2021/09/21
2021/07/03 教皇庁は、司法当局が枢機卿を含む10人を横領や職権乱用の罪で起訴したと発表した。起訴されたのはジョバンニ・アンジェロ・ベッチウ枢機卿のほか、バチカンの現・元官僚4人と外部コンサルタント5人。枢機卿が金融犯罪で裁かれるのは近代カトリック教会史上初。 バチカン 日経 2021/07/08
2021/08/18 教皇フランシスコは米国の非営利団体による広告キャンペーン「あなた次第」にビデオメッセージを寄せ、コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けることは「慈善のわざ」であると強調した。このキャンペーンには、教皇庁の「人間開発のための部署」も協力している。 バチカン カトリック 2021/08/29
2021/09/08 2015年11月13日のパリ同時多発テロの初公判が始まった。テロは「イスラム国(IS)」の戦闘員らがベルギーを拠点に計画したとされるが、今回の公判では彼らの入国方法や襲撃場所の選定理由など、実行に至るプロセスの解明が待たれている。テロ事件の公判では過去最大規模となり、審理は2022年5月まで9ヶ月に及ぶ見込み。 フランス 東京 2021/09/08
2021/09/16 フランス当局は、アフリカ西部でイスラム過激派掃討作戦を展開している仏軍が「イスラム国(IS)」関連組織「大サハラのイスラム国(ISGS)」の創始者で最高指導者のアドナン・アブ・ワリド・サハラウィを殺害したと発表した。マクロン大統領はツイッターで、「サヘル(サハラ砂漠南部)地域で続けてきたテロとの戦いでの大きな成果だ」と評価した。 フランス 東京 2021/09/18
2021/08/05 北部ティグレ州で連邦政府と少数民族ティグレ人勢力との内戦が生じている中、「ティグレ人民解放戦線」が南隣のアムハラ州に進撃し、エチオピア正教の聖地である「ラリベラの岩窟教会群」を占拠したことが明らかとなった。 エチオピア 読売 2021/08/08
2021/09/02 軍当局は、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」の戦闘員ら6千人近くが数週間の間に投降したと発表した。対立する「イスラム国(IS)」系グループの攻撃により指導者が死亡したことなどで組織が弱体化しているとみられる。 ナイジェリア 東京 2021/09/05
2021/08/05 湾岸戦争とイラク戦争の際に略奪された古代メソポタミア文明の遺物など1万7千点が、米国からイラクに返還された。人類最古の文献のひとつとされるギルガメシュ叙事詩の一部が描かれた粘土板「ギルガメシュの夢」も、9月23日に返還された。 アメリカ 赤旗 2021/09/25
2021/08/26 ハーバード大学の主任チャプレンに、初めて無神論者であるグレッグ・エプスタイン氏が就任したことが、本人のツイッターで伝えられた。同氏はベストセラーになった『神なき善:10億人の無神論者が信じるもの』などの著者。 アメリカ 中外 2021/09/08
2021/09/01 テキサス州で、胎児の心拍が確認された後の人工妊娠中絶を原則禁止する州法が発効した。医療機関などが同法の差し止めを要求したが、連邦最高裁が同日、5対4で請求を退ける決定を行った。米国では1973年の最高裁判決で人工妊娠中絶が認められたが、この判決を実質的に覆した形。 アメリカ 朝日 2021/09/03
2021/09/11 2001年の米同時多発テロから20年を迎え、各地で追悼式典が開かれた。世界貿易センタービル跡地など事件のあった3ヶ所ではそれぞれの時間に黙祷が捧げられた。バイデン大統領は3ヶ所すべてを訪れ、オバマ、クリントン元大統領夫妻とともに哀悼の意を表し、花輪を捧げた。 アメリカ 読売 2021/09/12
2021/08/28 南東部エスピリトサント州イビラスの曹洞宗寺院、白雲山禅光寺に大仏が建立され、式典が開かれた。大仏は高さ35m、重さ350tで、建立したのは日本で修行した同寺のビッティ住職。 ブラジル 東京 2021/09/25
2021/10/04 COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)を前に、バチカンの「祝いの間」で、「信仰と科学、COP26に向けて」と題した集いが行われた。この集いには、世界の宗教指導者ら約40人が参加し、COP26に向けた共同アピールへの署名がなされた。 バチカン キリスト 2021/10/11
2021/10/05 フランスのカトリック教会の聖職者による未成年者らへの性的虐待の実態をまとめた報告書が提出された。報告書によると、同国では1950年以降、少なくとも約3千人の聖職者が虐待に関与し、被害者の総数は推計21万6千人にのぼる。 フランス 東京 2021/10/06
2021/10/10 2023年に予定されている第16回通常シノドスに向けた準備過程の開始を教皇フランシスコが宣言した。聖ペテロ大聖堂で催されたシノドス開幕ミサには約3千人が参加した。 バチカン カトリック 2021/11/21
2021/10/10 2019年の反政府デモを受け約半年前倒しとなった国民議会選挙が行われ、シーア派の宗教指導者ムクタダ・サドル師の政党連合「サーイルーン」が73議席を獲得し第一党を維持した。ハルブーシー国民議会長率いるスンニ派の新政党「タカドゥム」が37議席を獲得し第二党となるなど、スンニ派勢力も躍進した。 イラク 日経 2021/10/13
2021/10/13 教皇フランシスコが尊者ヨハネ・パウロ1世の奇蹟を認定する教皇庁列聖省の教令に署名したことをバチカンが発表した。教令はヨハネ・パウロ1世の奇蹟として、ブエノスアイレスの重病の少女が回復した事例を筆頭にあげた。列福式の日取りは未定。 バチカン カトリック 2021/10/31
2021/10/13 首都ダッカの東部クッミラで寺院のハヌマン像の膝の上にコーランが置かれていることをイスラム教徒が目撃したことを発端に、各地でヒンズー教徒がイスラム教徒に襲撃された。SNSを通じて抗議の呼びかけが広まったことで、クッミラだけでもヒンズー教徒の寺院など17カ所が襲撃された。 バングラデシュ 読売 2021/10/21
2021/10/15 「アマゾン」の書籍読み上げサービス「オーディブル」は、当局から「必要な許可」が得られていないことを理由に、中国本土のアップルストアから聖書とコーランのアプリを削除したと、中国政府に批判的なメディアの日本語版『大紀元時報』が報じた。 中国 キリスト 2021/11/01
2021/10/26 盧泰愚元大統領が88歳で死去した。葬儀は30日に「国家葬」としてソウルのオリンピック公園で執り行われた。盧氏は1979年のクーデターの首謀者の一人で、80年に民主化を求める市民や学生160人以上を軍が殺害した「光州事件」などに関与したこともあって、国家葬には反対も強かった。 韓国 毎日 2021/10/31
2021/10/27 政府は、占領下にあるヨルダン川西岸パレスチナ自治区にユダヤ人の住宅約3,100戸の新設を承認し、国際法上で違反とされるユダヤ人入植地の拡大を決定した。ヨルダン川西岸は、1967年の第三次中東戦争時にイスラエルが占領して以降ユダヤ人入植が進められ、現在は約44万人のユダヤ人が居住する。 イスラエル 日経 2021/10/29
2021/10/29 ローマ教皇庁を訪問したバイデン米大統領は、教皇フランシスコと私的に謁見した。米国の保守派司教から大統領への聖体拝領拒否の声が起こるなか、大統領は30日にローマの聖パトリック教会でミサに参列し、聖体拝領を受けた。 バチカン キリスト 2021/11/11
2021/11/04 教皇フランシスコがフランシスコ会修道女ラファエラ・ペトリーニ氏をバチカン市国行政庁長官に任命したとバチカンが発表した。同ポストは従来、男性のみの司教が務めてきたもので、修道女が任命されるのは異例。 バチカン キリスト 2021/11/21
2021/11/08 パキスタン政府は最大の反政府武装勢力「パキスタン・タリバン運動(TTP)」と停戦を合意したと発表した。停戦期間は1ヶ月で、両者が設置する交渉委員会の協議次第で延長される見通し。TTP幹部によると収監中のメンバー100名の釈明と引き換えに和平協議に応じるという。 パキスタン 朝日 2021/11/10
2021/11/16 インドネシア・ウラマー評議会(MUI)でファトワ委員会の議長を務めるアフマド・ザイン容疑者が過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)のテロ資金調達に関与していた疑いで逮捕された。MUIはマアルフ・アミン副大統領の支持母体。そのためジョコウィ大統領周辺にも影響が及びかねないとしている。 インドネシア 日経 2021/11/26
2021/11/17 米国務省は、信教の自由に関する年次報告書の「重大な信教の自由の侵害」を行っている国のリストにロシアを追加した。ロシア政府が「宗教的少数派の平和な活動を制限するために、過激主義関連法を悪用している」ためとされる。 アメリカ キリスト 2021/12/01
2021/11/23 全斗煥元大統領がソウル市内の自宅で90歳で死去した。告別式は27日にソウルで遺族らのみで営まれた。全氏は1980年5月18日に民主化を求める市民や学生を弾圧して多くの死者を出した「光州事件」を指揮した。李順子夫人は、夫の在任中に苦痛を受けた人々に対し、夫に代わって特におわびすると謝罪した。全氏側から謝罪の言葉が出たのは初めて。 韓国 朝日 2021/11/24
2021/11/25 南部ルクソールで「スフィンクス参道」の復元完成を祝う式典が催された。参道は、ツタンカーメン王時代に建設が始まり、ナイル川の氾濫に合わせた祭事で用いられたとされる。カルナック神殿とルクソール神殿を直線でつなぐ2.7kmの参道脇に、3,500年近く前のスフィンクス像約1,200体が並ぶ。 エジプト 東京 2021/12/27
2021/11/26 チン州タンランの教会が国軍による焼き討ちに遭った。同州の人権団体によると、26日にタンランの家屋に放火。3日連続で火災が続いた結果、カトリック聖ニコラオ教会やタンラン・センテナリー・バプテスト教会をはじめ数十軒の家屋が損傷した。 ミャンマー カトリック 2021/12/29
2021/12/03 北京で4日まで開かれた宗教政策に関する会議で、習近平国家主席は「宗教関係者や信者らの間で、中国共産党や中国の特色ある社会主義を認める気持ちを高めなければならない」と強調した。宗教界への管理を強め、無神論を掲げる共産党政権への忠誠心を高める狙い。 中国 読売 2021/12/06
2021/12/10 連邦最高裁は、9月にテキサス州で成立した妊娠6週目以降の人工妊娠中絶を禁じる法律を容認する決定を出した。キリスト教保守派などの反対派の後押しにより、10州以上で妊娠初期からの中絶禁止法が成立している。 アメリカ 朝日 2021/12/12
2021/12/23 香港大学はこの日の未明、キャンパス内に設置されている天安門事件の犠牲者の慰霊碑である「国恥の柱」を撤去した。慰霊碑は1997年に民主派団体が香港大構内に設置したもので、高さ8m、50人の苦悶の表情を浮かべた遺体を積み重ねたデザイン。 中国 日経 2021/12/24
2021/12/26 ノーベル平和賞受賞者で、南部アフリカ聖公会元大主教のデズモンド・ツツ氏が90歳で死去した。ツツ氏は1978年に黒人として初めて南ア教会評議会事務局長に就任し、アパルトヘイト撤廃運動の精神的指導者となった。 南アフリカ 毎日 2021/12/27
2021/12/27 タリバン暫定政権はこの日までに、女性の長距離移動には男性の近親者の同伴が必要とする命令を出した。旧タリバン政権時代の恐怖政治の象徴「勧善懲悪省」から発出されたこの命令では、移動距離が45マイル(約72km)以上の場合に同伴が必要で、運転手は「ヒジャブ」を着用した女性しか車両に乗せてはならず、車内で音楽を聴くことも禁じられた。 アフガニスタン 産経 2021/12/28
2021/12/14 調査機関ピュー・リサーチ・センターは、約4千人が回答した米国人の宗教観に関する調査結果を公表した。自身が「無宗教」だとする米成人は2007年の16%から29%に増加しており、キリスト教徒と回答した人は78%から63%へと大幅に減少した。 アメリカ 中外 2022/01/01
2022/01/01 カザフスタンの大統領府が、死刑制度を廃止したと発表した。旧ソ連圏で死刑制度が残るのは「欧州最後の独裁国家」であるベラルーシのみとなった。 カザフスタン 東京 2022/01/04
2022/01/12 カトリック教会が北部カチン州ミッチーナに女性専用の居住型薬物依存リハビリ施設を開設した。同州では2015年に「再生リハビリセンター(RRC)」が設立されていたが、女性のための回復施設は国内初。 ミャンマー カトリック 2022/02/20
2022/01/14 ケララ州の裁判所は、2018年に修道女を2年に渡って強姦した容疑で逮捕されたフランコ・ムラッカル司教に対し、無罪判決を言い渡した。事件をめぐって修道女らによって抗議活動が実施されていた。判決に対し、検察側は上訴する予定。 インド キリスト 2022/01/21
2022/01/15 テキサス州フォートワース近郊のシナゴーグで、男がユダヤ教のラビら4人を人質にして立てこもる事件があった。犯人は同州に収監中で、国際テロ組織アルカイダとの繋がりも疑われていたアーフィア・シディキ受刑者の釈放を求めていた。 アメリカ 毎日 2022/01/17
2022/01/20 シリア北東部ハサカにあるグウェイラン刑務所が、「イスラム国(IS)」の襲撃を受けた。刑務所は、IS戦闘員ら約3,500人を収容する世界最大のIS専用施設。この襲撃によって260人以上が死亡したほか、約400人のIS戦闘員が脱走した。 シリア 朝日 2022/01/27
2022/01/20 ミュンヘンのカトリック教会フライジング大司教区で聖職者らが長年に渡り子供の性的虐待を行っていた問題の調査報告書が公表された。報告書は同大司教区に在任していた前教皇ベネディクト16世の対応が不適切だったと批判しており、これを受けて前教皇は2月8日の書簡で謝罪した。 ドイツ カトリック 2022/02/27
2022/01/21 韓国最大の仏教宗派である曹渓宗の総本山曹渓寺で、全国の僧侶3,500人が集結し全国僧侶大会が開かれた。本大会の開催は、2021年の国政監査において与党「共に民主党」の議員が文化財の観覧料は「通行税」であり、これを求める寺側は詐欺師などと発言したことが背景にある。 韓国 Newsweek 2022/03/06
2022/01/22 ティク・ナット・ハン師がベトナム中部フエ市の慈孝寺で死去した(95歳)。非暴力による和平を求め、南北ベトナムのいずれに対する支持も拒否したため、2005年までベトナム政府から、滞在していた米国からの帰国を禁じられた。近年はあらゆる分野で仏教精神を応用するよう提唱し、マインドフルネスの普及に努めた。 ベトナム 文化時報 2022/01/28
2022/01/29 香港大学構内の路上に書かれていた天安門事件の犠牲者を追悼する20mにわたるスローガンが金属板で覆い隠された。香港大学は「定期的な補修作業」としていたが、3月5日に同路上は花壇となり、スローガンも完全に撤去された。 中国 赤旗 2022/03/07
« 1 ... 26 27 28 (29) 30 » 全1,495件中、 1,401件目から1,450件目までを表示 « 1 ... 26 27 28 (29) 30 »
Copyright(c) Religious Information Research Center