(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
年表記事について
1.2000年5月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートしています。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してください。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.年表記事の詳細な記述やその他の主たる宗教関連の出来事については、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国外)

検索
年月日
出来事
国名


« 1 ... 25 26 27 (28) 29 » 全1,436件中、 1,351件目から1,400件目までを表示 « 1 ... 25 26 27 (28) 29 »
年月日 出来事 国名 出典 出典年月日 区分
2009/11/15 JICAの委託で学校建設の監督をしていた日本人技師を、地元の部族グループが誘拐。アルカイダと接点があるとして拘束されている仲間の釈放を要求したが、地元有力者の説得により8日後に技師を釈放した。 イエメン 毎日 2009/11/24 夕刊
2018/02/17 IT大手の騰訊控股(テンセント)は、春節(旧正月)の大みそかにあたる2月15日に同社の通信アプリ「微信(ウェイシン)」を利用してお年玉を送った人が6億8,800万人に上ったと発表した。近年の中国ではアプリで手軽にお年玉を送る人が増えている。 中国 毎日 2018/02/18
2002/07/16 IRAがテロ行為の犠牲になった遺族に初めて謝罪。 アイルランド 朝日 2002/07/17 夕刊
2017/05/22 G7首脳会議出席に先立ってイスラエルを訪問したトランプ米大統領は、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪れた。形式上は「個人的な訪問」だが、現職米大統領が嘆きの壁を訪問するのは初。 イスラエル 日経 2017/05/23
2018/11/13 FBIが発表した2017年の国内のヘイトクライム(憎悪犯罪)の統計によると、総数は7,175件(前年比17%増)で、そのうち宗教を理由にしたものは20.6%。内訳はユダヤ教が約58%と最多で、イスラム教が約19%、その他の宗教はいずれも5%未満だった。反ユダヤ思想に基づく犯罪は938件(前年684件)と急増している。 アメリカ 朝日 2018/11/15
2021/10/04 COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)を前に、バチカンの「祝いの間」で、「信仰と科学、COP26に向けて」と題した集いが行われた。この集いには、世界の宗教指導者ら約40人が参加し、COP26に向けた共同アピールへの署名がなされた。 バチカン キリスト 2021/10/11
2010/09/11 9月上旬、フロリダ州の福音主義系のキリスト教会が9月11日に合わせたイスラム教の聖典コーランの焼却集会を計画していることが報道され、国内外から激しい反発を招いた。その後、同教会は計画の中止を決定。 アメリカ クリスチャン 2010/09/26
2015/10/21 9月にイスラム教の聖地メッカで巡礼者が殺到して起きた圧死事故の死者数が、2,181人となったと、各国発表などから独自集計を行ったAPF通信が発表した。もっとも多くの死者が出たのは、464人が死亡したイランだった。 サウジアラビア 東京 2015/10/23  
2021/09/12 9月12〜15日にかけて教皇フランシスコはスロバキアを訪問した。教皇は滞在中、首都ブラチスラバの聖マルチノ大聖堂や、西部シャスティンの聖母聖堂を訪れて信者らと交流したほか、東部コシツェでは「ジプシー」と呼ばれヨーロッパで迫害の対象になってきたロマ民族の共同体を訪ねた。 バチカン カトリック 2021/09/26・10/03 合併号  
2011/09/11 9.11事件から10年を迎え、ニューヨークで開かれた追悼式典には、オバマ大統領とブッシュ前大統領が初めて出席したほか数千人の遺族が参列した。同事件の現場になったワシントンの国防総省などでも式典が開かれた。 アメリカ 日経 2011/09/12 夕刊
2010/08/15 8月15日から21日まで、カナダのトロントにおいてIAHR(国際宗教学宗教史会議)第20回大会が開催された。 カナダ 中外 2010/09/04
2008/08/00 7月21日に雲南省昆明(死者2名)で、8月4日には新疆ウイグル自治区(32人死傷)で北京五輪を標的としたテロが発生、イスラム系ウイグル独立派のグループが犯行声明を出した。 中国 読売 2008/08/08 夕刊
2015/09/01 6月に全米で承認された同性婚に対する反対の動きとして、ケンタッキー州ローワン郡の書記官が同性カップルへの婚姻証明書の発行を拒否し、収監された。同書記官を支援する保守系宗教団体も見られ、大統領候補のクルーズ氏やハッカビー氏も、書記官の収監先を訪れて激励した。 アメリカ 朝日 2015/09/04 夕刊
2018/08/09 6月に下院を通過した人工妊娠中絶を合法化する法案の上院での採決が行われ、反対多数で否決された。法案をめぐっては国内で反対派による運動が展開され、SNS上で「神の名による」とする組織的な批判を受けた賛成派議員も見られた。 アルゼンチン キリスト 2018/09/01
2016/06/09 6月3日に敗血症性ショックで死去したボクシング元世界王者モハメド・アリ氏の葬儀が、出身地のケンタッキー州ルイビルで営まれた。葬儀はイスラム教に則って営まれ、イスラム教徒ら数千人が参列し、トルコのエルドアン大統領も参列した。 アメリカ 朝日 2016/06/12  
2012/05/27 6月3日に予定されていたレディー・ガガのインドネシア公演が中止された。インドネシア・ウラマー評議会が公演を「ハラーム」(イスラム教の禁止行為)に当たるとしたほか、強硬派イスラム教徒による抗議デモが起こっていた。 インドネシア 毎日 2012/05/28  
2016/06/18 6月30日の大統領就任を前に、ドゥテルテ氏が南部ミンダナオ島を拠点とする武装組織「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」および「モロ民族解放戦線(MNLF)」の議長と会談し、連邦制国家に移行してミンダナオ島に自治政府を設立する方針で一致したと発表した。 フィリピン 赤旗 2016/06/20  
2021/06/19 6月18日のイラン大統領選挙でイスラム法学者のエブラヒム・ライシ司法長官(60)が得票率62%の約1,792万票で初当選したことが、内務省によって発表された。預言者ムハンマドの子孫であることを示す黒いターバンを着用するライシ師は保守強硬派として知られ、欧米やアラブ諸国ではイランの核開発やシーア派組織支援の拡大が懸念されている。 イラン 朝日 2021/06/20
2019/09/17 5月の組閣失敗による再総選挙が行われ、中道野党連合「青と白」が33議席、与党・右派政党「リクード」が32議席を獲得した。組閣を要請されたリクード党首のネタニヤフ氏は極右政党「我が家イスラエル」との連立交渉を図るとみられるが、世俗派の同党党首リーベルマン氏は、ネタニヤフ氏が宗教政党と決別しない限り応じない姿勢を示している。 イスラエル 毎日 2019/09/27
2005/05/27 5月27日にシーア派の祭礼が行われていたイスラマバードのイスラム聖廟で爆発があり、25人以上が死亡、70人以上が負傷した。5月30日夜には、カラチのシーア派モスクが襲撃され、計5人が死亡した。 パキスタン 毎日 2005/05/30
2020/05/29 5月25日にミネソタ州ミネアポリスで黒人男性が警官の暴行によって死亡した事件への抗議活動が全米に広がっている状況に対し、米キリスト教会協議会と全米福音派連盟、米カトリック司教協議会は人種差別と暴力による権力の乱用への非難を表明した。 アメリカ キリスト 2020/06/11
2013/04/27 5月11日の総選挙を前に、南部カラチなどで、TTPがイスラム過激派掃討に積極的なパキスタン人民党、アワミ民族党、統一民族運動の集会場などを標的にした同時多発爆弾テロを決行し、14人が死亡した。 パキスタン 産経 2013/04/29  
2001/08/24 5人の妻を持つモルモン教徒の男性が重婚罪で禁固5年の有罪判決を受ける(米ユタ州地裁)。 アメリカ 読売 2001/08/26
2014/10/19 5〜19日、世界代表司教会議(シノドス)の臨時総会が開催され、カトリック教会がタブーとしてきた離婚や同性婚などを含む62の条項について審議された。教皇の指示により、すべての条項の採否が公表された。 バチカン 朝日 2014/10/20  
2021/08/15 4月末に開始した駐留米軍の撤退以降各地で攻勢を強めていた旧支配勢力タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を占領したと宣言した。ガニ大統領が国外退避したことで、9.11同時多発テロ後の米軍攻撃を受けて成立したアフガン親米民主政権が崩壊し、20年ぶりにタリバンが政権を奪取した。 アフガニスタン 朝日 2021/08/16 夕刊
2019/05/30 4月9日の総選挙の結果を受けて連立交渉を進めていたネタニヤフ首相の交渉失敗で与党主導の国会は解散を決定し、1948年の建国以来史上初となる再選挙が9月17日に行われることになった。政局混乱の背景には人口の約1割を占めるユダヤ教超正統派の徴兵免除をめぐる問題が存在した。 イスラエル 東京 2019/05/30 夕刊
2015/05/16 4月21日、特別法廷で前大統領モルシ氏の判決公判が行われ、大統領在任中の反政権デモ隊への扇動罪などが問われ、禁固20年が言い渡されていたが、さらに刑事裁判所にて脱獄幇助の罪に問われ、死刑判決が言い渡された。 エジプト 毎日 2015/05/17  
2021/03/05 3月8日にかけて、ローマ教皇フランシスコは歴代教皇として初めてイラクを訪問した。教皇の外遊は2019年11月の訪日以来約1年3ヶ月ぶり。歴訪を終え帰路についた教皇は「イスラム教徒、キリスト教徒、ヤジディ教徒など何千何万の人々が追放され、殺された。だが、希望は憎悪より強く、平和は戦争よりも強い」と語り、宗教・宗派間の融和と平和の実現を訴えた。 イラク 毎日 2021/03/09
2013/03/13 3月12日から開催されたコンクラーベで、ブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿が新教皇に選出された。教皇名はフランシスコを名乗る。米州出身の教皇も、イエズス会士の教皇も史上初。 バチカン 東京 2013/03/14 夕刊
2019/02/03 3日間の日程でローマ教皇フランシスコがアブダビ首長国を訪問した。イスラム教の発祥地であるアラビア半島への教皇訪問は初。教皇は2月4日の諸宗教対話会議で演説を行い、スンニ派最高権威機関アズハルのタイイブ総長と会談した。5日には野外ミサが開かれ、12万人以上のキリスト教徒に加え数千人のイスラム教徒も参列した。 アラブ首長国連邦(UAE) カトリック 2019/02/17
2014/07/17 3人のイスラエル青年が殺害されたことをきっかけにイスラエルとパレスチナの関係が急速に悪化。7月よりイスラエル軍が空爆を実施、ガザ地区へも地上軍数千人を侵攻させ、ハマス側の武器搬入ルートとなっている地下トンネルを破壊した。 イスラエル 読売 2014/07/18 夕刊
2002/02/00 2月下旬から3月にかけて、インド西部グジャラート州アーメダバードを中心に、ヒンドゥー至上主義者がイスラム教徒を襲う激しい宗教暴動が起こる。 インド 朝日 2002/03/04
2012/02/14 2月5日、カルナータカ州グルバルガの仏教遺跡からヒンドゥー教の女神像を撤去したため仏教指導者ら5人が逮捕された。これを受け仏教徒や不可触民の団体は、彼らの釈放と告訴の撤回、仏教遺跡の保護などを求めて大規模な集会を開いた。 インド 中外 2012/02/23
2001/12/22 2年後の新生アフガン国家樹立へ向けて、ハミド・カルザイ氏を暫定政権議長とするアフガニスタン暫定政権が正式発足。 アフガニスタン 朝日 2002/12/23
2001/07/14 2年5ヶ月ぶりにインド・パキスタン首脳会談が行われるが、カシミール問題に対する意見の相違から、対話ムードは大きく後退し、物別れに終わる。 インド 朝日 2002/07/17
2014/08/‐‐ 21歳のタイ人代理母が、代理出産の依頼者に引き取りを拒否されたダウン症男児を育てていることに国際的な関心が寄せられた。法整備の不在や貧困に加え、不妊の夫婦を助けるという肯定的イメージが代理出産の背景にあるとの指摘も。 タイ 朝日 2014/08/13
2021/10/10 2023年に予定されている第16回通常シノドスに向けた準備過程の開始を教皇フランシスコが宣言した。聖ペテロ大聖堂で催されたシノドス開幕ミサには約3千人が参加した。 バチカン カトリック 2021/11/21
2021/07/15 2020年10月に首相に指名されていたハリリ元首相が、自身による組閣を断念し、首相指名を辞退することを発表した。ハリリ氏は前日に組閣案をアウン大統領に提示していたが、「組閣案は宗派主義にのっとっていない」として拒否されていた。レバノンの政治は、大統領はキリスト教マロン派、国会議長はイスラム教シーア派、首相はイスラム教スンニ派から選出する「宗派主義」に基づく。2020年8月に首都ベイルートの港で起きた大規模爆発を受け当時のディアブ内閣が引責辞任して以降、閣僚ポストをめぐった各宗派間の争いが続き、政治的な空白期間は1年に及んでいる。 レバノン 朝日 2021/07/18
2021/10/10 2019年の反政府デモを受け約半年前倒しとなった国民議会選挙が行われ、シーア派の宗教指導者ムクタダ・サドル師の政党連合「サーイルーン」が73議席を獲得し第一党を維持した。ハルブーシー国民議会長率いるスンニ派の新政党「タカドゥム」が37議席を獲得し第二党となるなど、スンニ派勢力も躍進した。 イラク 日経 2021/10/13
2018/03/31 2019年3月ダライ・ラマ14世がインドへ亡命して60年を迎えるのを記念し、亡命政府のあるダラムサラでは「サンキュー・インディア」と題した式典が開催された。式典での演説でダライ・ラマ14世は「我々の文化と言葉を守り抜こう」と述べ中国を牽制した。 インド 毎日 2018/04/02
2021/06/11 2019年3月に南部クライストチャーチのモスク2ヶ所で起きた銃乱射事件を米国で映画化する動きに対して、ニュージーランド国内のイスラム教徒たちが映画化に反対するオンライン署名を募り始め、15日時点で6万人を超えた。批判する人たちは、映画の内容が犠牲者や生存者を脇に追いやり、代わりに白人女性の対応を中心にすえているとした。 ニュージーランド 朝日 2021/06/16 夕刊
2020/06/26 2018年から2019年にかけての国内キリスト教徒の統計で、ドイツ福音協会の会員数が2,114万人から2,070万人に、カトリック教会の信者数が2,300万人から2,260万人に減少したと明らかにされた。さらに教会のミサに出席する人は2019年は9.1%と過去最低水準となるなど、キリスト教徒の登録数や活動が減少し続けている。 ドイツ キリスト 2020/07/21
2018/05/-- 2017年に「過激派団体」に認定された「エホバの証人」の信者(露国内に約17万5千人)に対し、2018年2月以降、十数都市で逮捕や自宅の家宅捜査が行われている。ビロビジャンでは警官150人を動員し、20世帯を捜索する「裁きの日作戦」が行われた。専門家は同教団が愛国主義に同調しないことが弾圧の原因と分析している。 ロシア Newsweek 2018/07/17
2017/12/19 2016年のベルリン自動車テロから1年を迎え、事件現場のカイザー・ヴィルヘルム記念教会前広場で追悼碑が除幕された。敷石に犠牲者12人の氏名・国籍と17mにわたるジグザグの金色の線が刻印された意匠は、日本の陶器修復技法「金継ぎ」から着想を得たものであるという。 ドイツ 世界 2018/02/--
2016/02/01 2016年11月8日に行われる大統領選挙本選に向け、各党の候補者を決定する予備選が始まった。3月末の時点で、共和党では6割以上の州でドナルド・トランプ氏が勝利している。トランプ氏は他の候補者に比べあまり宗教的でないとみなされているが、それにもかかわらず宗教的傾向の強い南部諸州でも支持を集めている。 アメリカ 読売 2016/02/02 夕刊
2017/10/25 2016 年に死去したプミポン前国王の葬儀が5 日間にわたって営まれた。バンコク市内の火葬場までの1.7kmの道のりを、黄金色の霊車が4 時間かけて運ばれ、前国王は荼毘に付された。29日の納骨式をもってタイ国民の1年間の服喪期間が終わった。 タイ 毎日 2017/10/26 夕刊
2015/12/20 2015年3月に婚姻の成立を「男女間」から「2人の間」とする法改正が議会で可決された同国で、同性婚の是非を問う国民投票が行われた。投票率は約36%に留まったが、反対が62.5%を占めたことから、法改正は撤回されることとなった。 スロベニア 朝日 2015/12/22  
2015/03/29 2015年3月23日に91歳で死去したシンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬が、シンガポール国立大で行われた。国葬に先立つ弔問期間には、市民らが炎天下に列をなし、仏教、イスラム教など各々の方法で哀悼の意を表した。 シンガポール 日経 2015/03/30  
2015/02/06 2015年1月からシーア派武装組織「フシ」による政府機関の攻撃が続いていたイエメンで、議会が解散され、「フシ」による暫定政府が設立された。辞意を表明していたハディ暫定大統領は後日これを撤回し、クーデターを認めない姿勢を示した。 イエメン 毎日 2015/03/27  
2015/08/‐‐ 2015年12月に行われる自治評議会選挙の有権者登録手続きと立候補者受付が始まった。女性の投票と立候補が認められた初めての選挙となる。アブドラ前国王が、2015年選挙で女性に参政権を与えると言明していた。 サウジアラビア 毎日 2015/08/21  
« 1 ... 25 26 27 (28) 29 » 全1,436件中、 1,351件目から1,400件目までを表示 « 1 ... 25 26 27 (28) 29 »
Copyright(c) Religious Information Research Center