(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
年表記事について
【御注意】
1.2000年5月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートしています。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してください。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.年表記事の詳細な記述やその他の主たる宗教関連の出来事については、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国外)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 24 » 全1,152件中、 101件目から150件目までを表示 « 1 2 (3) 4 5 6 ... 24 »
年月日 出来事 国名 出典 出典年月日 区分
2008/08/08 「八」という中国人にとって縁起の良い数字が重なり、五輪開幕日でもあった8月8日、北京市内で結婚と出産ラッシュとなった。 中国 東京 2008/08/10
2012/04/15 「太陽節」と呼ばれる金日成主席の誕生日に「金日成主席生誕100周年」の記念行事が開催された。14日には中央報告大会が開かれ、15日の前後には60ヶ国以上からの来賓、日本からも元国会議員など約20人の訪朝団が参加。 北朝鮮 読売 2012/04/05
2012/06/16 「子どものための宗教者ネットワーク」第4回フォーラムが18日まで開催され、64ヶ国350人余の宗教指導者らが参加した。メインテーマは「貧困をなくし、子どもたちを豊かにする―啓発、行動、変革」。 タンザニア 新宗教 2012/06/25
2017/09/12 「神の愛の宣教者会」が運営する南西部アデンの福祉施設が2016年3月に襲撃を受けた際、「イスラム国(IS)」に誘拐されていたサレジオ会のトム・ウズンナリル神父が、オマーン当局によって解放された。13日に神父はバチカンを訪れ、教皇に謁見した。 イエメン カトリック 2017/09/24
2013/03/‐‐ 「黒魔術」を営利目的で使ったり、他人を死なせることなどを罰則の対象とする内容の刑法改正案が明らかになった。イスラム政党の議員はおおむね改正を支持しているが、世俗系の政党は批判的だという。 マレーシア 朝日 2013/03/14
2018/09/12 『シュピーゲル』誌電子版は、1964〜2014年の間に国内のカトリック聖職者の4.4%にあたる1,670人が未成年者3,677人に性的虐待を加えていたと報じた。被害者の多くが男児で、13歳以下が半数以上。データはドイツ司教会議が大学の犯罪研究所などに依頼し、教会の内部資料や訴訟の記録などから明らかにしたもの。 ドイツ 毎日 2018/09/14 夕刊
2008/06/19 『ダ・ヴィンチ・コード』を撮影したアメリカの映画監督ロン・ハワード氏が、新作映画のためローマの教会での撮影許可申請を行なっていたが、教皇庁はこの日までにこれを拒否した。 バチカン 報知 2008/06/20
2013/11/04 『フォークス』誌は、1930〜40年代にナチスがユダヤ人らから略奪し、戦争中に焼失したと考えられていたピカソなどの画1500点が発見されたと報じた。ユダヤ人団体は本来の所有権者への返還を要求している。 ドイツ 読売 2013/11/30  
2002/01/00 『ボストン・グローブ』紙が、米カトリック・ボストン大司教区ジョン・ケーガン元神父による性的虐待事件を報道。以降、カトリック神父によって性的虐待を受けたとする訴えが全米で続出。 アメリカ 読売 2002/04/24
2005/09/30 『ユランズ・ポステン』紙が、イスラムを風刺した12点の漫画を掲載。 デンマーク ニューズウィーク 2006/02/15
2002/06/16 『奇跡の神父』として人気が高い、故ピオ神父(1887〜1968)が列聖される。 イタリア 朝日 2002/06/17
2010/01/15 この日に観測された日食は、14日からインド北部の聖地ハリドワルで始まったヒンドゥー教最大の祭典の日程と重なった。ヒンドゥー教では日食は不吉とされるため、日食の間、信者らはガンジス川での沐浴をやめた。 インド 毎日 2010/01/17
2009/03/20 この日までに、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルはガンビア政府に対し、国家ぐるみで行われている「魔女狩り」の中止を求めた。魔女とされた約千人が武装兵により連行され、薬物を飲まされたり、拷問を受けたりしている。 ガンビア 東京 2009/03/21 夕刊
2017/11/03 これまで自治体職員が行っていた住民の正式な結婚手続きを、各地の宗教当局に所属するイスラム指導者が行うことを可能にする法律が、エルドアン政権の主導により施行された。世俗派の最大野党・共和人民党(CHP)などは、国是の政教分離に違反するとして非難している。 トルコ 産経 2017/11/20
2009/11/26 アイルランド政府がカトリック神父の児童虐待に関する調査報告を発表した。報告では被害児童は320人を超え、教会側は事実を知りながら警察に通報しなかったとされている。 アイルランド キリスト 2009/12/12
2011/04/22 アサド大統領の退陣を求める民主化デモに治安部隊が発砲し、少なくとも88人が死亡した。国民の7割はスンニ派だが、大統領はじめ支配層の多くはシーア派の一派のアラウィ派。 シリア 毎日 2011/04/23
2012/05/25 アサド政権と反政府勢力との対立が激化し、民兵組織が各地で一般市民の大量虐殺を行う事件が頻発した。その中でアラウィ派とスンニ派の宗派対立は鮮明になった。 シリア 産経 2012/06/14  
2017/07/09 アバディ首相は、「イスラム国(IS)」の第2の拠点であった北部の都市モスルを政府軍が解放したと発表した。モスルの住民の多くはスンニ派だが、統治を行う政府側はシーア派を主体とするため、宗派対立の再燃が懸念されている。 イラク 毎日 2017/07/10
2008/01/22 アフガニスタン北部バルク州の下級裁判所は「イスラムは女性の権利を阻害している」などと書かれた新聞記事をインターネットで入手し配布したとして地元新聞記者に死刑判決を下した。 アフガニスタン 朝日 2008/01/25
2018/06/13 アフガニスタン東部クナール州で、「パキスタン・タリバン運動(TPP)」の最高指導者ファズルラ師が米軍の小型ドローンによる攻撃で死亡した。同師は、TPPの女子教育禁止を批判したノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが襲撃された事件の首謀者とされ米国務省から懸賞金をかけ追跡されていた。 パキスタン 読売 2018/06/16
2005/10/21 アフガニスタン駐留米軍兵士がタリバン兵士の遺体を焼いている映像がテレビ放映され、反発を招いた。 アフガニスタン 読売 2005/10/21
2006/04/24 アフマディネジャド大統領が、女性や家族連れのサッカー観戦を認める決定をした。しかし、宗教指導者からの反発により決定は覆された。 イラン 朝日 2006/05/20
2007/12/17 アフマディネジャド大統領は、サウジアラビアのアブドラ国王の招待を受け、メッカへの巡礼を行った。イラン首脳がメッカを巡礼するのはイラン革命以来初めて。 イラン 読売 2007/12/18
2006/07/05 アフリカ人神学者による初の聖書注解が、ナイロビで刊行された。福音派のモイ大統領の支援を受け25ヵ国70人が協力した5年がかりの研究成果である。 ケニア クリスチャン 2006/08/13
2005/08/09 アフリカ全土からキリスト教各教派の指導者がザンビアに集まり、「グローバル・キリスト教フォーラム=イエス、アフリカのキリストとの旅」が開催された。 ザンビア キリスト 2005/10/01
2015/11/29 アフリカ歴訪中のローマ教皇が中央アフリカに到着し、首都バンギでミサを行った。教皇は戦乱に苦しむバンギが特別聖年の精神的首都だとし、特別聖年の際にのみ開かれるサンピエトロ大聖堂の扉に見立てて同地の大扉を開き、予定より10日早く特別聖年の開始を告げた。 中央アフリカ カトリック 2015/12/13  
2011/09/25 アブドラ国王は国政の助言機関である諮問評議会会員に女性を任命し、地方議会での女性の立候補と投票を認めるという方針を発表した。厳格なワッハーブ派を奉じる同国で女性の参政権が認められるのは初めて。 サウジアラビア 毎日 2011/09/26  
2001/10/07 アメリカ、アフガニスタンへ空爆を開始。 アフガニスタン 朝日 2001/10/08
2012/09/21 アメリカのコプト教徒の男が製作したムハンマド風刺映画がユーチューブに投稿され、20ヶ国以上でイスラム教徒による反米デモが起こった。9月21日には金曜礼拝日にあわせて各地で大規模なデモが行われた。 各国 朝日 2012/09/22  
2009/10/13 アメリカの福音派を代表するフランクリン・グラハム牧師が、米NPO「サマリタンズ・パース」の会長として北朝鮮の平壌を訪問した。同牧師は著名な伝道師、ビリー・グラハム牧師の息子。 北朝鮮 毎日 2009/10/16
2005/06/22 アメリカの議会と政府合同の中国研究諮問機関が、中国の強制労働に関する公聴会を開いた。中国には政治犯、思想犯、宗教犯を中心に約40万人の強制労働者があり、特に法輪功関係者は6万人にのぼると報告された。 アメリカ 産経 2005/06/24
2001/12/30 アメリカ・ニューメキシコ州のキリスト・コミュニティ教会は、『ハリー・ポッター』の魔術的思考を批判し、同書が神への冒涜であるとして、シリーズ本を焚書処分にした。 アメリカ 産経 2001/12/28 夕刊
2001/09/11 アメリカ・ニューヨークの世界貿易センターに、ハイジャックされた2機の民間旅客機が衝突、ビルは倒壊した。他にも2機がハイジャックされ、ひとつはペンタゴンに墜落、もうひとつはピッツバーグの住宅街に墜落した。 アメリカ 朝日 2001/09/12
2007/02/07 アメリカ史上初めて、カトリックからペンテコステ派までを含む団体「キリスト教一致」(CCT)が発足した。 アメリカ クリスチャン 2007/03/03
2001/12/13 アメリカ政府関係者は、ビンラディンが米中枢同時多発テロ事件を回想しているビデオテープを入手したことを明らかにし、公開した。アラブ社会からは米国のねつ造であるとの見方も。 アメリカ 朝日 2001/12/14 夕刊
2003/08/05 アメリカ聖公会、ゲイの神父がニューハンプシャー州の主教に就くことを総会で承認した。 アメリカ 読売 2003/08/07
2015/08/30 アラスカ州のマッキンリー山を、先住民の呼び名である「デナリ」に改称することが決定したと、ホワイトハウスが発表した。デナリはアラスカ先住民にとって神聖な存在であることが改称を認めた理由だという。 アメリカ 東京 2015/08/31 夕刊
2011/01/01 アレクサンドリアにあるコプト教会前で自爆テロが発生、21人が死亡、97人が負傷した。その後もコプト教徒とイスラム教徒の衝突事件が相次いだ。 エジプト 産経 2011/01/03  
2006/06/24 アロヨ大統領は死刑廃止法案に署名し、法案が成立した。法案成立により、約1200人の死刑囚が減刑される見通し。 フィリピン 毎日 2006/06/25
2014/04/10 イエスが自らの「妻」について語っている文章が含まれたパピルス断片は偽造されたものではないとハーバード神学校のカレン・L・キング教授が発表した。このパピルス片は教皇庁などから真正性が疑問視されていたが、鑑定の結果659〜859年に書かれたものであることが明らかになった。 アメリカ キリスト 2014/05/03  
2002/10/10 イエメン沖で、仏原油タンカーが爆破された10月6日のテロに対して、イスラム原理主義勢力「アデン・アビヤン・イスラム軍」が犯行声明。 イエメン 東京 2002/10/11
2007/12/22 イギリスのカトリック教会は、ブレア前首相が英国国教会からカトリックに改宗したことを明らかにした。 イギリス 赤旗 2008/12/24
2007/09/06 イギリス政府は諸宗教との共同声明として国内に公立の宗教学校を増設することを明らかにした。現在イギリス国内には、全2万1000校の学校があり、そのうち宗教的基盤を持つのは6850校。 イギリス 中外 2007/09/13
2018/10/11 イスタンブールで開催された東方正教会の主教会議(シノド)において、ロシア正教会がウクライナ正教会を管轄下に置くとした1686年の文書の無効が宣言された。ウクライナ正教会はロシア正教会からの独立を前提として、12月15日に「統一宗教会議」を開催。国内の教会組織を統合し、新組織の長にエピファニー府主教(39)を選出した。 ウクライナ 読売 2018/10/13
2016/06/28 イスタンブールのアタチュルク国際空港で、3人の男による銃撃と自爆テロが発生し、少なくとも40人が死亡、240人以上が負傷した。実行犯の1人は、ISの「首都」ラッカからトルコへ入国していたIS幹部であった。イラクやシリアで劣勢に立たされるISが、中東有数のハブ空港を狙うことで力を誇示する目的があったとみられる。 トルコ 読売 2016/06/30  
2003/11/05 イスタンブールのシナゴーグ2ヶ所で爆弾テロ。イスラム過激派組織IBDACが犯行声明。 トルコ 読売 2003/11/21
2014/07/26 イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ地区への攻撃を受け、7月26〜27日、欧州各地で大規模な抗議デモが行われた。パリのデモでは法律で禁じられている反ユダヤ発言もみられ、各地でシナゴーグが襲撃された。 フランス News week 2014/08/05  
2001/06/18 イスラエルのシャロン首相が、1982年のパレスチナ難民大虐殺への関与をめぐって、ベルギー人道法違反の容疑で告訴される。 イスラエル 毎日 2001/06/20
2019/01/20 イスラエルのネタニヤフ首相がチャドを訪問し、1972年以来断たれていた両国の国交を回復したと発表した。同日マリではチャド軍が襲撃される事件が起き、アルカイダ系組織「イスラムとムスリムの支援団(JNIM)」が犯行声明で、襲撃はネタニヤフ首相の訪問への抗議だと発表した。 チャド 東京 2019/01/24
2001/07/29 イスラエルのユダヤ教超強硬派グループが、エルサレム旧市街、神殿の丘で宗教儀式を行ったことが引き金になり、衝突が発生。 イスラエル 朝日 2001/07/30
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 24 » 全1,152件中、 101件目から150件目までを表示 « 1 2 (3) 4 5 6 ... 24 »
Copyright(c) Religious Information Research Center