(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
年表記事について
【御注意】
1.2000年1月以降の記事を対象にしており、逐次アップデートします(2000年1月〜5月の分は遡及作成中)。
2.出典は一例ですので、同様の記事が他の新聞・雑誌にも掲載されていることが多いことに留意してくだ さい。
3.国内記事年表の分類は『ラーク便り』(ラーク会員に頒布)の記事分類に従っています。
4.日付の表記がないものは、正確な日付けが特定できない記事です。
5.選択した出来事のより細かな記述、及びその他の主たる宗教関連のできごとについては、季刊の『ラーク便り』に掲載されています。
6.この年表は、ラークが公開している宗教記事ファイルの中から、特に重要な事件を選んであります。また、 記事の原文はラークにて閲覧できます。

*記事内容に疑問があった場合は、ラーク宛のメールでお問い合わせいただければ幸いです。

宗教記事年表(国外)


年月日 出来事 国名 出典 出典年月日 区分
2015/05/22 同性婚を認める憲法改正の是非を問う世界初の国民投票が実施され、賛成62%、反対38%で可決された。国民の85%がカトリック信者である同国では、カトリックの教義が法律に色濃く反映され、1993年まで同性愛行為は犯罪とされていた。 アイルランド 読売 2015/05/25  
2015/05/20 中部ホムス県の街パルミラが、「イスラム国」に制圧された。パルミラは、1980年に世界遺産登録された古代ローマ期の都市遺跡で、神殿、円形劇場、公衆浴場の遺構などを擁するシリア有数の観光地でもある。 シリア 東京 2015/05/29  
2015/05/19 人口増加地域の行政当局が、女性に対し3年以上の出産間隔を設けるよう指導することを認める「人口抑制保健法」が成立した。同法は、仏教の高僧らが制定を求めていたもので、事実上イスラム教徒を対象にするものと見られている。 ミャンマー 朝日 2015/05/25  
2015/05/16 4月21日、特別法廷で前大統領モルシ氏の判決公判が行われ、大統領在任中の反政権デモ隊への扇動罪などが問われ、禁固20年が言い渡されていたが、さらに刑事裁判所にて脱獄幇助の罪に問われ、死刑判決が言い渡された。 エジプト 毎日 2015/05/17  
2015/05/14 ネタニヤフ首相率いる右派「リクード」他4政党による、右派連立政権が発足した。連立に加わったのは、極右政党「ユダヤの家」、中道右派政党「クラヌ」ほか宗教右派2政党で、かろうじて過半数となる61議席(定数120)を確保した。 イスラエル 毎日 2015/05/16  
2015/05/10 キューバのカストロ国家評議会議長がバチカンを私的に訪問し、教皇と会談した。記者会見で議長は、キューバと米国の国交正常化交渉に教皇が積極的な役割を果たしたことへの謝意を伝えたと話した。 バチカン 読売 2015/05/11  
2015/05/10 ロシアによるクリミア半島併合を受け、欧米諸国の首脳が5月9日の対独戦勝記念日の式典を欠席する中、メルケル独首相は翌10日にモスクワを訪問した。ドイツの責任による戦死者の追悼を訪問理由に挙げ、無名戦士の墓に花を手向けた。 ロシア 東京 2015/05/11  
2015/05/10 インドネシア及びマレーシア沖で、ミャンマーのイスラム教徒少数民族「ロヒンギャ族」など数百人を乗せて漂流しているボートが次々と発見された。同様の海上漂流民は6千〜7千人に上るとの推計が出された。 マレーシア 読売 2015/05/21  
2015/05/10 ネパール政府は4月25日に発生したマグニチュード7.8規模の巨大地震の被害をまとめ、仏教、ヒンドゥー教寺院など世界遺産を含む480件の歴史的建造物が全半壊したと発表した。 ネパール 東京 2015/05/11 夕刊
2015/05/02 終戦の日を前にメルケル首相は、ナチスによるユダヤ人虐殺の歴史について、移民を含む「すべてのドイツ人」に語り継ぐ責任があると述べた。反イスラエル感情の強いアラブ系移民の増加を踏まえての発言と考えられる。 ドイツ 日経 2015/05/09  
2015/05/00 2014年に約500万人の観光客が訪れたシエムリアプのアンコールワット周辺で、地盤沈下の懸念が報じられた。観光客向けの宿泊・商業施設が地下水を大量に取水しているためで、専門家は遺跡崩落の危険性も指摘している。 カンボジア SANKEI EXPRESS 2015/05/08  
2015/05/00 タイ・マレーシアの国境地域で、ミャンマーのイスラム教徒少数民族「ロヒンギャ族」の集団埋葬地が相次いで発見された。マレーシアでの就業希望者や誘拐の被害者らが人身売買組織キャンプに拘束中、虐待や飢餓のため死亡したと見られる。 タイ 東京 2015/05/03  
2015/04/24 1915年に始まったオスマン・トルコ帝国によるアルメニア人迫害から100年を迎えた首都エレバンで、犠牲者を追悼する式典が開かれた。また同日、トルコの首都イスタンブールのアルメニア使徒教会でも初めて追悼式が行われ、エルドアン大統領らトルコの閣僚が出席した。 アルメニア 毎日 2015/04/25  
2015/04/18 中山大学はゲノム編集技術を用いてヒトの先天的な病気への遺伝子操作を行ったと発表した。ヒトの受精卵を使った遺伝子改変操作を行ったのは初めて。科学誌『ネイチャー』や『サイエンス』は、倫理的な理由でこの研究グループの投稿した論文を却下した。 中国 AERA 2015/05/18  
2015/04/16 ウアンボ州で、キリスト教系分派のライト・オブ・ザ・ワールド教会の信者集団が警官隊に襲撃され、指導者が逮捕される事件が起きた。野党及び人権団体は、政府が同集団を攻撃する際に1千人以上の市民が犠牲になったと非難している。 アンゴラ Japan times 2015/05/08  
2015/04/09 仏政府が1月5日に任命した次期駐バチカン大使が同性愛者であることを理由に、教皇庁がアグレマン(事前承認)を拒否していると報じられた。カトリック紙『ラ・クロワ』はバチカンが今回の人事を挑発行為とみなしていると報じたが、バチカンは「ノーコメント」としている。 フランス 読売 2015/04/12  
2015/04/05 エジプト各地で公的機関や観光地観光客を狙ったテロ事件が多発している。一連のテロ事件は「イスラム国」系、ムスリム同胞団系の勢力によるものと見られている。 エジプト 赤旗 2015/04/14  
2015/04/04 首都ダマスカス南部のヤルムークにあるパレスチナ難民キャンプの約9割を、「イスラム国」が制圧し、約1万5千人のパレスチナ難民が孤立状態に陥った。同キャンプでは約18万人が生活していたが、住民の多くは内戦中に脱出、二重難民化している。 シリア 朝日 2015/04/12  
2015/04/02 東部ガリッサで、イスラム過激派組織「アルシャバブ」を名乗る集団が大学を襲撃し、少なくとも147人が殺害された。アルシャバブが起した事件としては過去最悪の規模。政府は報復として、ソマリア南部ゲド州のアルシャバブ拠点を空爆した。 ケニア 東京 2015/04/07  
2015/04/02 調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が出した宗教別の人口予測で、イスラム教人口の大幅増加が見込まれている。2050年には全人口に占めるキリスト教徒とイスラム教徒の割合が1.7%の差に縮まり、同様の変動が続くならば2070年には両人口が等しくなると予測されている。 アメリカ 東京 2015/04/04 夕刊
2015/04/01 首都クアラルンプールで4月1日から4日間、世界最大級のハラル製品の国際展示会が開催され、日本企業7社が出展した。 マレーシア 山形 2015/04/03  
2015/04/01 パレスチナ自治政府が国際刑事裁判所(ICC)に正式加盟し、加盟式典がオランダのハーグで開催された。パレスチナは2014年夏のイスラエルによるガザ侵攻を「戦争犯罪」として訴える方針。 パレスチナ 毎日 2015/04/02  
2015/03/29 2015年3月23日に91歳で死去したシンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬が、シンガポール国立大で行われた。国葬に先立つ弔問期間には、市民らが炎天下に列をなし、仏教、イスラム教など各々の方法で哀悼の意を表した。 シンガポール 日経 2015/03/30  
2015/03/26 宗教上の理由から、精神的負担になる行為を拒む権利を企業などに認める「宗教の自由回復法」がインディアナ州で成立した。これが同性愛者へのサービス提供の拒否に繋がるおそれがあるとして市民や企業から批判が巻き起こり、議会は4月2日に同法による同性愛者への差別を認めないとする修正案を提出した。 アメリカ 産経 2015/04/04  
2015/03/13 憲法裁判所は、イスラム教徒の教師が公立学校でスカーフを着用することを禁じたノルトライン=ヴェストファーレン州の学校法は、思想信教の自由に反するとして違憲判断を下した。同様の法令のある7州にも影響を与える可能性がある判例。 ドイツ 赤旗 2015/03/15  
2015/03/03 ソウル近郊の加平で世界80数ヶ国から3,800組(うち日本人は約400組)のカップルが参加し、合同結婚式が行われた。統一教会の恒例行事となっているこの合同結婚式が、ネット上に登録する「婚活」方式へ変化をみせているという。 韓国 クリスチャン 2015/03/29  
2015/03/00 ヤンゴンの裁判所は、ヘッドホンを付けた仏像のイラストをフェイスブックなどに掲載し、バーの宣伝をしていたニュージーランド人1人とビルマ人2人を宗教侮辱罪で有罪とし、2年6ヶ月の禁固刑を言い渡した。 ミャンマー 毎日 2015/03/20  
2015/03/00 イラク北部で「イスラム国」に拘束されたヤジディ教徒5千人のうち約4割が死亡しており、その多くが虐殺によるとの推計が発表された。解放されたのは約700人で、残りおよそ2,300人は人身売買されるか奴隷労働を強いられているとみられる。 イラク 読売 2015/03/14  
2015/03/00 「イスラム国」がイラク各地の遺跡や遺物を破壊し、映像を公開した。破壊されたのは、メソポタミア文明期のニムルド遺跡や約2千年前の古代都市ハトラ遺跡。2月26日にはモスルの博物館で収蔵品を破壊する様子を公開した。 イラク 毎日 2015/03/14  
2015/02/28 移民排斥を訴え急成長したドイツの団体「ペギーダ」に同調する団体が、英国、スペイン、ベルギー、スイスなどで発足している。「英国ペギーダ」の初集会には400人が参加。これを批判する市民2千人も結集し、100mを隔てた距離でにらみ合った。 イギリス 東京 2015/03/01  
2015/02/26 シリア北東部のハサカ郊外で、少数民族アッシリア人のキリスト教徒が「イスラム国」に襲撃され、女性や子供を含む約220人が拉致された。「イスラム国」と戦闘を行っていたクルド人部隊に協力した報復とみられる。 シリア 東京 2015/02/28  
2015/02/19 マリ政府は北部の6つの武力組織との停戦で合意したが、停戦に応じたのは遊牧民トゥアレグ人武装組織「アザワド解放国民運動(MNLA)」などで、国際テロ組織アルカイダ系のグループは含まれていない。 マリ 東京 2015/02/21  
2015/02/18 ネットで決済される「お年玉」が流行をみせている。LINE系アプリ「微信」、電子決済システム「支付宝」がサービスを競い合っており、大みそかの1日だけで微信は10億1千万件の通信、支付宝も約40億元の利用があったという。 中国 東京 2015/02/22  
2015/02/14 教皇はサンピエトロ大聖堂で新しい枢機卿20人の叙任式を開いた。欧州外からの叙任が目立ったことから、教皇選出選挙(コンクラーベ)で選挙権を持つ80歳未満の枢機卿125人のうち、欧州出身者は57人と半数を割り込むこととなった。 バチカン 毎日 2015/02/15  
2015/02/11 死者同士の結婚(冥婚)を行うため若い女性の死体を掘り起し密売する闇商売が横行している。ネットやニュースでは非難されるものの、夫婦は合葬することで安寧の地を得るという考えが一部で支持され、全国各地で盗掘事件が起きている。 中国 Friday 2015/02/06  
2015/02/11 テインセイン大統領がイスラム教徒の少数民族ロヒンギャ族に発行していた一時身分証を廃止すると発表した。2月10日に成立した国民投票法が一時身分証保持者に投票権を認めていることに仏教僧らが反発したことを受け、事実上投票権を奪ったもの。 ミャンマー 朝日 2015/02/13  
2015/02/10 ノースカロライナ州チャペルヒルで、イスラム教徒の大学生3人が銃で撃たれ殺害される事件が起きた。逮捕されたヒックス容疑者は、「無神論者」を標榜しインターネット上に反宗教的な書き込みをしており、イスラム教徒を狙ったヘイトクライムとみて捜査が行われている。 アメリカ 読売 2015/02/13  
2015/02/06 2015年1月からシーア派武装組織「フシ」による政府機関の攻撃が続いていたイエメンで、議会が解散され、「フシ」による暫定政府が設立された。辞意を表明していたハディ暫定大統領は後日これを撤回し、クーデターを認めない姿勢を示した。 イエメン 毎日 2015/03/27  
2015/02/04 「イスラム国」が、拘束していたヨルダン軍パイロットのムアズ・カサースベ中尉に生きたまま火を放ち、焼き殺す処刑映像を公開した。「イスラム国」は有志連合による空爆で市民が焼き殺されたとし、中尉の殺害方法は同害報復だと主張した。 ヨルダン 朝日 2015/02/05  
2015/02/04 「イスラム国」によるヨルダン軍パイロットの焼殺映像を受け、アズハル大学総長のアフマド・タイイブ師が非難声明を発表した。同師は、火刑を科すことができるのはアッラーのみであるとし、「イスラム国」の行為はイスラム教を逸脱するものであると批判した。 エジプト 読売 2015/02/06  
2015/01/30 米国との国交回復交渉が進むなか、西部の町サンディーノにキューバ革命後初のカトリック教会が建設されることになった。革命以来カトリック教会の建設は中断されていたが、2015年に入ると政府は教会の建設許可を出すようになったという。 キューバ キリスト 2015/02/14  
2015/01/26 「イスラム国」は、アフガニスタンなどを含む地域を「イスラム国ホラサン州」とし、領土を拡大する声明を発表した。声明では、「州知事」の任命とともに、同地域の武装勢力への「イスラム国」参加を呼びかけた。 アフガニスタン 毎日 2015/01/29  
2015/01/23 実質20年間サウジアラビアを統治してきたアブドラ・アブドルアジズ国王が死去した。国王は諮問評議会に初めて女性議員を登用したほか、女子大学の設立などを通して漸進的に女性の権利拡大を進めた。 サウジアラビア 東京 2015/01/25  
2015/01/19 チェチェン共和国で仏紙『シャルリ・エブド』の風刺画掲載を批判するデモが行われ、全人口130万人のうち80万人が参加した。カディロフ首長、イスラム教やロシア正教の指導者が参加したことから、官製デモで国内多数派のイスラム教徒のガス抜きを図ったとみられる。 ロシア 毎日 2015/01/20
2015/01/19 ローマ教皇が1月16〜19日の4日間フィリピンを訪問した。教皇は台風被害を受けたレイテ島タクロバンやマニラで野外ミサを行い、合わせて600万人以上が雨の中参列するなど、国内は熱狂的なムードに包まれた。 フィリピン 産経 2015/01/19  
2015/01/14 北朝鮮の唯一の航空会社である高麗航空のフェイスブックが「イスラム国」を称するハッカーに乗っ取られ、サイバー攻撃を受けた。高麗航空のフェイスブックには「共産主義悪党国家の北朝鮮と中国はイスラム戦士の敵と連携したことへの代価を支払うことになる」と書き込まれた。 北朝鮮 日経 2015/01/15  
2015/01/13 1月13〜15日にかけて、ローマ教皇フランシスコはスリランカを20年ぶりに訪問した。教皇は滞在中、同国の内戦の歴史を踏まえ、宗教・民族間の「共存」を強調する「平和外交」を展開した。 スリランカ 毎日 2015/01/15  
2015/01/12 ボコ・ハラムとみられる数百人規模の武装集団がカメルーン国内に越境、軍事基地を襲撃した。それまでボコ・ハラムはナイジェリア国内での活動が中心であったが、カメルーンの他、チャド、ニジェール等周辺国へ活動範囲を広げている。 カメルーン 朝日 2015/01/14  
2015/01/09 パリのユダヤ系スーパーマーケットに押し入った男が、客や店員20人を人質に立てこもり、人質4人を殺害した。男は、犯行はユダヤ人を標的にしたもので、「イスラム国」の指示を受けていると語った。2月にはデンマークでも模倣犯がシナゴーグを襲撃する事件が起きた。 フランス 読売 2015/01/10  
2015/01/07 イスラム教を題材にした風刺漫画を度々掲載し、物議を醸してきた週刊紙『シャルリ・エブド』本社に「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」を名乗るアルジェリア系フランス人兄弟が押し入り、銃を乱射。漫画家・編集者10人と警官2人が死亡した。 フランス 朝日 2015/01/08  
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 19 » 全913件中、 151件目から200件目までを表示 « 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 19 »
Copyright(c) Religious Information Research Center