(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等

研究員業績公開リスト


ラーク研究員がこれまで刊行した公開可能な学術論文のリストです。
発行年月が新しい順になっていますが、▲▼を押すとそれぞれの項目で並び替えができます。
タイトルをクリックすると、PDFファイルがダウンロードできます。


著者名 よみ    論 文 名    『掲載誌名』号数 発行所 発行年月
藤井修平 フジイシュウヘイ 現代日本における仏教と科学の関わり 『 中央学術研究所紀要』45 中央学術研究所 2016年11月
藤井修平 フジイシュウヘイ マインドフルネスの由来と展開 『 中央学術研究所紀要』46 中央学術研究所 2017年11月
藤井修平 フジイシュウヘイ Yamagata Banto: An Atheist in the Tokugawa Period 『Secularism and Nonreligion』7:7 Ubiquity Press 2018年10月
今井信治 イマイノブハル コンテンツがもたらす場所解釈の変容―埼玉県鷲宮神社奉納絵馬分析比較を中心に― 『コンテンツ文化史研究』3 コンテンツ文化史学会 2010年04月
今井信治 イマイノブハル フレームから浮かび上がるリアリティ―秩父札所十七番定林寺調査を中心に― 『デジタルゲーム学研究』6(2) 日本デジタルゲーム学会 2012年09月
今井信治 イマイノブハル アニメ「聖地巡礼」実践者の行動に見る伝統的巡礼と観光活動の架橋可能性―埼玉県鷲宮神社奉納絵馬分析を中心に― 『メディアコンテンツとツーリズム―鷲宮町の経験から考える文化創造型交流の可能性』 北海道大学観光学高等研究センター 2009年03月
井上順孝 イノウエノブタカ 教祖論への認知宗教学的アプローチ 『中央学術研究所紀要』43 中央学術研究所 2014年11月
天田顕徳 アマダアキノリ 修験道復興の内実にみる「変化」の側面―明治大正期を事例として― 『中央学術研究所紀要』45 中央学術研究所 2016年11月
天田顕徳 アマダアキノリ 修験道にまつわる情報の流行と消費 『中央学術研究所紀要』46 中央学術研究所 2017年11月
井上順孝 イノウエノブタカ 現代学生が示す宗教への意識と態度 『国学院大学日本文化研究所紀要』92 国学院大学 2003年09月
李和珍 イファジン 新宗教の先祖祭祀の日韓比較―妙智會教団と圓佛教の事例を中心に― 『国学院大学研究開発推進機構紀要』2 国学院大学研究開発推進機構 2010年03月
天田顕徳 アマダアキノリ 宗教文化の学習におけるGPS利用教材の可能性と課題 『国学院大学研究開発推進機構紀要』7 国学院大学研究開発推進機構 2015年03月
井上順孝 イノウエノブタカ 昭和初期の情報環境と祖神道信者の地理」的広がり 『國學院大學大学院紀要』49 国学院大学 2018年02月
井上順孝 イノウエノブタカ 宗教の境界線 『國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所年報』6 国学院大学 2013年09月
井上順孝 イノウエノブタカ 日韓の現代宗教研究の課題 『國學院雑誌』103-11 国学院大学 2002年11月
井上順孝 イノウエノブタカ 教派神道の地域的展開とその社会的条件 『國學院雑誌』104-11 国学院大学 2003年11月
井上順孝 イノウエノブタカ 現代宗教の侵襲的研究と宗教調査リテラシー 『國學院雑誌』116-11 国学院大学 2015年11月
福井敬 フクイタカシ 睫攜果世料寮夘権と部落解放同盟 『大正大学大学院研究論集』42 大正大学 2018年03月
井上順孝 イノウエノブタカ <新新宗教>概念の学術的有効性について 『宗教と社会』3 「宗教と社会」学会 1997年06月
井上順孝 イノウエノブタカ 宗教研究と「出会い型調査」 『宗教研究』292 日本宗教学会 1992年06月
井上順孝 イノウエノブタカ 神道教派の境界線形成と二種類の認知プロセスの関与 『宗教研究』392 日本宗教学会 2018年09月
李和珍 イファジン 韓国新宗教研究の最近の動向 『日本文化研究所年報』2 国学院大学研究開発推進機構 2009年09月
李和珍 イファジン 圓佛教教徒の意識調査―アンケート調査の分析を中心に― 『日本文化研究所年報』3 国学院大学研究開発推進機構 2010年09月
李和珍 イファジン 圓佛教の現況と研究の動向―宗教社会学的視点から― 『日本文化研究所年報』4 国学院大学研究開発推進機構 2011年09月
李和珍 イファジン 圓佛教の海外布教の現況―日本教区を中心に― 『日本文化研究所年報』5 国学院大学研究開発推進機構 2012年09月
藤井修平 フジイシュウヘイ 「宗教現象の科学的説明」の考察 『東京大学宗教学年報』30 東京大学宗教学研究室 2013年03月
嶋田弘之 シマダヒロユキ インドネシアイスラーム社会においてムスリムはいかに病気を経験するか 『東京大学宗教学年報』31 東京大学宗教学研究室 2014年03月
藤井修平 フジイシュウヘイ 進化生物学に基づいた宗教的言説の考察 『東京大学宗教学年報』31 東京大学宗教学研究室 2014年03月
青木良華 アオキリョウカ 近代ドイツにおける「ユダヤ教」をめぐる思想―M.メンデルスゾーンとA.ガイガーの事例を通して― 『東京大学宗教学年報』32 東京大学宗教学研究室 2015年03月
馬場真理子 ババマリコ 周期的に訪れる災禍―古代日本における災禍の理解と対応について― 『東京大学宗教学年報』33 東京大学宗教学研究室 2016年03月
馬場真理子 ババマリコ 暦の「正理」―『暦林問答集』における暦注の解説を中心に― 『東京大学宗教学年報』34 東京大学宗教学研究室 2017年03月
藤井修平 フジイシュウヘイ 宗教認知科学の成立史 『東京大学宗教学年報』35 東京大学宗教学研究室 2018年03月
井上順孝 イノウエノブタカ 現代宗教の広がりに見る二重のボーダレス化 『神道宗教』249 神道宗教学会 2018年01月
李和珍 イファジン 圓佛教の海外布教の日米比較 『神道宗教』249 神道宗教学会 2018年01月
井上順孝 イノウエノブタカ 新宗教研究にとっての認知科学・ニューロサイエンス 新宗教研究にとっての認知科学・ニューロサイエンス 『國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所年報』5 2012年09月
全35件中、 1件目から35件目までを表示
Copyright(c) Religious Information Research Center